多摩区版 掲載号:2014年5月30日号 エリアトップへ

多摩川音頭保存会 児童に伝え続け40年 稲田小運動会で披露

文化

掲載号:2014年5月30日号

  • LINE
  • hatena
児童と一緒に多摩川音頭を踊った保存会のメンバー
児童と一緒に多摩川音頭を踊った保存会のメンバー

 多摩川音頭保存会(山根ナミ子会長)が、区内で長年親しまれている音頭を子どもたちに伝える活動を続けている。24日に稲田小学校の運動会で児童たちと一緒に踊りを披露した。同会が同校で踊りの指導をしてから40年目になるという。

 同会は宿河原地区の2つの老人会(長生会)の有志を中心に結成され、メンバーは現在27人。「ご当地ソングを大切にしていきたい」という思いで地元の敬老会などで披露している。

 多摩川音頭は昭和初期に北原白秋が作詞したものとして知られる。多摩川の四季や風景を歌詞の中に織り込み、当時の稲田村(多摩区の北部)周辺の様子を伝えている。昭和40年代にはこの音頭を復活させようという機運が盛り上がり、踊りやすいように曲と踊りをアレンジした新曲が発表された経緯がある。以来、同保存会のほか、多摩区文化協会や各地のグループが継承し、様々な形で多摩川音頭が親しまれている。

 同保存会では毎年、稲田小学校の運動会の前になると4年生の児童に踊りを指導しているという。

 「子どもたちとのコミュニケーションが高齢者にとっては何よりうれしい。以前、運動会に遊びに来て『いまだに多摩川音頭踊れるよ』といってくれた中学生もいた」と山根会長。

 24日の運動会にはメンバー26人が揃いの浴衣と笠を身に着けた姿で登場。出番を待っている間も児童から「多摩川音頭だ」と声を掛けられていた。輪になって踊り始めると、その姿を見ながら児童たちも踊った。 山根会長は「今は情緒のあまりない時代になった。多摩川音頭を通じて地元の高齢者と子どもが触れ合うことで、非行防止などのいい影響もあるはず」と話す。

多摩区版のトップニュース最新6

10月、緑地・水辺つなぐ

多摩区観光協会

10月、緑地・水辺つなぐ 社会

初の催し 周遊で商店活性

7月31日号

「マスク不着用、理解を」

「マスク不着用、理解を」 社会

友人グループ 意思表示バッジ配布

7月31日号

銭湯絵師が創作実演

読売ランド前どろんこ保育園

銭湯絵師が創作実演 文化

丸山清人さん 「富士山」描く

7月24日号

市、農地保全へ分岐点

生産緑地22年問題

市、農地保全へ分岐点 社会

「特定」申請 周知進め

7月24日号

菅稲田堤・堰に土のう設置

菅稲田堤・堰に土のう設置 社会

多摩区初の 「ステーション」

7月17日号

「ユリの花」 愛で10年

百合丘高

「ユリの花」 愛で10年 社会

PTAら有志が植栽・管理

7月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月31日0:00更新

  • 7月24日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月31日号

お問い合わせ

外部リンク