多摩区版 掲載号:2015年12月25日号 エリアトップへ

道路整備に土地収用制度 市のプログラム案に9工区

社会

掲載号:2015年12月25日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は今月10日、「第2次市道路整備プログラム案」を発表した。事業が難航し長期化している路線について、強制力のある土地収用制度を活用する方針を示し、川崎府中線(枡形・生田工区)、横浜生田線(東三田工区)など9工区を挙げた。

 今回発表された第2次市道路整備プログラム案は、2016年度から25年度まで10年間の道路整備の方針をまとめたもの。

 第1次計画(08年度〜15年度)では35工区の完成を計画していたが、15年末時点で19工区にとどまる。完成遅延の16工区の平均経過年数は17年で、そのうち約8割にあたる13工区が用地取得の難航が原因だった。着手後10年以上経過している区間の総延長は6キロメートルを超えるという。

 今回発表した第2次計画では「遅延によって社会的損失を増大させる可能性のある工区は、土地収用法を適用して計画期間内の完成をめざす」とし、9工区(表参照)を行政代執行が認められる「土地収用制度等活用路線」に挙げた。

 市は「補償額や土地の境界、また地権者と賃貸借契約者との契約などで折り合いがつかず、任意では限界がある。社会的損失を増大させる計画の遅れは協力をしてくれている地権者との不均衡をもたらす」と制度導入の理由を説明する。

 同プログラムでは整備推進路線30工区も公表。多摩区内では前期(16年度〜21年度)中に世田谷町田線登戸工区と登戸2号線多摩沿線工区を完成させる。後期(22年度〜25年度)中に世田谷町田線生田工区に着手するとしている。

多摩区版のトップニュース最新6

オンライン稽古で成果

剣桜会

オンライン稽古で成果 スポーツ

「基礎」着々と、週1回継続

8月7日号

街路灯「維持費に重荷」

市商連

街路灯「維持費に重荷」 社会

補助金増額、市へ求め

8月7日号

10月、緑地・水辺つなぐ

多摩区観光協会

10月、緑地・水辺つなぐ 社会

初の催し 周遊で商店活性

7月31日号

「マスク不着用、理解を」

「マスク不着用、理解を」 社会

友人グループ 意思表示バッジ配布

7月31日号

銭湯絵師が創作実演

読売ランド前どろんこ保育園

銭湯絵師が創作実演 文化

丸山清人さん 「富士山」描く

7月24日号

市、農地保全へ分岐点

生産緑地22年問題

市、農地保全へ分岐点 社会

「特定」申請 周知進め

7月24日号

あっとほーむデスク

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

  • 7月24日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク