多摩区版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

川崎ドリーム 還暦野球で全国V 15年連続出場、3回目

スポーツ

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena
優勝を果たした川崎ドリームのメンバー
優勝を果たした川崎ドリームのメンバー

 60歳以上の選手による第32回全日本還暦軟式野球選手権大会が今月、群馬県で行われ、神奈川県代表の「川崎ドリーム」(下村弘孝代表)が4年ぶり3回目の優勝を決めた。

 川崎ドリームは結成18年目。同大会には15年連続で出場しており、2009年、12年にも優勝している強豪チームだ。市内在住の60歳以上の選手が参加し、週1回の練習に取り組む。

 決勝戦は宮城県代表の宮城ドリームズを9―4で下した。中村宏二監督(74)は「選手たちを信頼してやってきた。監督としての嬉しさを感じるし、ありがたい」と喜びを語る。皆川修主将(66)は、5月に心筋梗塞の手術を受けながらも復帰。「この上なく幸せな1年」と笑顔を見せた。

 同大会は決勝戦まで、4日間で6試合を戦う日程。どのチームも最後は体力勝負になるが、中村監督は「初戦に勝てたことが全て」と話す。エースの伊波興治選手(61)の力投で完封勝ちを収め、勢いに乗ることができたという。

 周囲から「鉄腕」と言われる伊波選手は全試合に登板。テンポよく投げ抜き優勝に貢献し、大会の最優秀選手賞に輝いた。「1年間練習して体力をつけてきた。何としても勝ちたいという思いがあった」と振り返る。

 チームの原動力は団結力。声を張り上げ、全力で白球を追う姿は少年のようだ。下村代表は「レギュラーもベンチ組も一体になって試合に参加した。チームワークの勝利」と手応えを語った。

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

あす催し、まちに活気を

多摩区観光協会

あす催し、まちに活気を 社会

「緑地と水辺」 拠点に団結

10月16日号

緑地保全へ運動続く

西生田4丁目

緑地保全へ運動続く 社会

今月、歩く会に20人超

10月16日号

逆風も登戸上昇維持

多摩区基準地価

逆風も登戸上昇維持 経済

遊園駅周辺 商業地で顕著

10月9日号

取材・執筆し新聞創刊

市内青少年グループ

取材・執筆し新聞創刊 教育

「子どものまち」活動PRへ

10月9日号

「市民の手」2割未満

川崎市植樹運動

「市民の手」2割未満 社会

公共施設・事業所が大半

10月2日号

市北部でスケボーを

多摩区小学生有志

市北部でスケボーを スポーツ

練習場求め、署名運動

10月2日号

川崎市経済労働局商業振興課

テイクアウトやインターネット販売開始への補助金、申請は11月30日までです

https://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000118174.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク