多摩区版 掲載号:2017年12月22日号 エリアトップへ

菅小父母と先生の会 「全員参加」で児童守る 40年ぶり、文科大臣表彰

教育

掲載号:2017年12月22日号

  • LINE
  • hatena
(左から)井手さん、木村会長、國分さん
(左から)井手さん、木村会長、國分さん

 2017年度優良PTA文部科学大臣表彰を受賞した川崎市立菅小学校(國武信行校長)父母と先生の会。災害を想定した「自助袋」の取り組みや全世帯参加の下校パトロールなど、学校や地域と連携した活動を続けている。

 同会は各家庭の保護者一人ひとりを会員とする任意加入で、加入率100パーセント。児童数889人に対し保護者1474人が会員になっている(前年度)。毎年希望調査を踏まえた抽選方式で各委員の選出を行い、公平かつ参加しやすい環境を整えている。

 近年の震災などを受け、災害時に児童が学校にとどまることを想定した非常対応備蓄品「自助袋」の取り組みを昨年度から実施。一泊分の飲食や各児童が必要なものを、家庭ごとに保護者と児童が相談し用意している。役員の井手真理さん(48)は「家で子どもと親が防災について考えるきっかけになった」と話す。

 全保護者参加の下校パトロール「菅っ子を見守り隊」は今年で4年目。年18回の見守り日を設定し、出動率は85パーセント。事前に意見交換を行うなど会員同士の交流にも力を入れる。役員の國分朋子さん(40)は「話し合いの中で見直しながら、継続していくことが大事」と語る。

 この他、発足から20年になる「お父さんボランティア」や、保護者目線で活動を伝える広報紙「SUGE」の発行など、独自の取り組みを継続。会長の木村徹さん(43)は「歴代の方が築き上げてきたことが認められた。次の代にも引き継いでいきたい」と思いを話した。

 同表彰は優れた実績を残すPTA団体を表彰しており、今年は全国132団体、県内では9団体が選定された。菅小学校は1977年以来40年ぶりの受賞。前会長で、40年前同校の児童だったという西山靖弘さん(47)は「全会員のご協力の賜物」と喜びを語った。

 なお、同時期に選定された優良PTA神奈川県教育委員会表彰では東生田小学校PTAが表彰を受けた。同PTA会長代行の田中智春さん(47)は「歴代の活動を引き継ぎながら、新しい意見も取り入れていきたい」と話していた。

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

あす催し、まちに活気を

多摩区観光協会

あす催し、まちに活気を 社会

「緑地と水辺」 拠点に団結

10月16日号

緑地保全へ運動続く

西生田4丁目

緑地保全へ運動続く 社会

今月、歩く会に20人超

10月16日号

逆風も登戸上昇維持

多摩区基準地価

逆風も登戸上昇維持 経済

遊園駅周辺 商業地で顕著

10月9日号

取材・執筆し新聞創刊

市内青少年グループ

取材・執筆し新聞創刊 教育

「子どものまち」活動PRへ

10月9日号

「市民の手」2割未満

川崎市植樹運動

「市民の手」2割未満 社会

公共施設・事業所が大半

10月2日号

市北部でスケボーを

多摩区小学生有志

市北部でスケボーを スポーツ

練習場求め、署名運動

10月2日号

川崎市経済労働局商業振興課

テイクアウトやインターネット販売開始への補助金、申請は11月30日までです

https://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000118174.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク