多摩区版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

多摩区予算案 資源活用にAR導入 災害対策・地域福祉 充実へ

政治

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena
区総合防災訓練でロープ渡りを体験する参加者=昨年11月、区提供
区総合防災訓練でロープ渡りを体験する参加者=昨年11月、区提供

 川崎市が今月発表した2019年度当初予算案によると、多摩区は登戸駅と向ヶ丘遊園駅周辺の開発計画を踏まえ、地域資源の活用にAR(拡張現実)を導入。災害対策や地域福祉に力点を置く方針だ。区の予算額は前年比約6700万円(約6%)減の10億3608万3千円としている。

 多摩区の予算案では【1】地域資源【2】災害対策【3】たまっ子(子育て)【4】地域福祉・健康【5】市民自治・地域人材――をキーワードに、前年同様の5つの主要項目を掲げた事業を計画している。

 地域資源の活用を図る項目では、「登戸・向ヶ丘遊園駅周辺地区賑わい継承事業費」に前年比の倍近い約75万を計上。その中で、区の歴史を後世に伝えようと2014年度に開始した「アーカイブ事業」を見直し、ARを使った新たな試みを来年度から運用する。区企画課は「来訪者に区内各所を回遊してもらうのが目的。生田緑地など複数の観光スポットにARによる仕掛けを設置し、そこでスマートフォン等をかざすと映像が浮かび上がるようなものにしたい」と説明。今夏ごろまでの運用開始を目指す。

 区にまつわる昔の写真をウェブサイトで公開する既存のアーカイブ事業については、今後の運用方法を検討していく。

防災訓練にゲーム

 災害対策を盛り込んだ項目では、市民防災活動支援事業費に、前年比約5・7倍の約247万円を計上。年2回開催予定の区総合防災訓練をはじめ、区内の防災講座や訓練への参加率を上げようと、趣向を凝らした手法を検討していく。

 町会や施設、PTAなど各団体を対象にした防災講座や、指定避難所で行う防災訓練をそれぞれ年20回以上企画する区危機管理担当は「子どもやその親世代も参加してもらえるような、ゲームやスポーツなど楽しめる要素を積極的に取り入れたい」との思惑を示す。

小中で認知症講座

 地域福祉・健康づくりを進める項目では「多摩区地域包括ケアシステム推進事業費」に、前年比約100万円増の約367万を計上している。市内他区に先駆け、多摩区が2014年度にモデル事業を始めた「認知症サポーター養成講座」は、区内小学校の高学年向けにボランティア団体の協力で実施。16年度以降は全14校で行い、来年度も同規模を予定している。

 さらに、中学校では同講座の受講者を想定した「認知症講演会」を15年度から実施。昨年度からは、具体事例を伝える手法として寸劇などを導入した。来年度は前年比3校増の7校で予定しており、これまでの手法を土台に区独自の教材を作製し、活用する計画だ。

ARの使用例(イメージ)
ARの使用例(イメージ)

多摩区版のトップニュース最新6

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

沿道の将来像 冊子に

登戸2号線

沿道の将来像 冊子に 経済

区画整理 地権者ら勉強会

5月7日号

「分区」から深めた10年

多摩区保護司会

「分区」から深めた10年 社会

更生支え、犯罪ない社会に

4月30日号

GW(ゴールデンウィーク)、河川敷でマルシェ

多摩SDC

GW(ゴールデンウィーク)、河川敷でマルシェ 社会

学生中心に企画・運営

4月23日号

多摩川で8編の物語

登戸出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

Hulu、ドラマ配信開始

4月23日号

住民の心、支援広告に

長尾台バスあじさい号

住民の心、支援広告に コミュニティ経済

高橋商事へ感謝 69万円超

4月16日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter