多摩区版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

小田急線 登戸駅 ドラえもん装飾で賞 グッドデザイン100に選出

経済

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena

 登戸駅に「ドラえもん」装飾を施した小田急電鉄が、グッドデザイン・ベスト100を先月受賞した。同駅から直行バスが出ている川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム(長尾)などの協力で、2月に駅空間を一新。大賞や特別賞には選ばれなかったが、多摩区の魅力発信拠点としてさらに注目されそうだ。

 今年度の受賞対象になった小田急線登戸駅は「ドラえもんたちのいる すこしふしぎな駅」をコンセプトに、同社が独自に装飾。ホームの駅名標やエレベーター、待合室内ベンチ、壁面などに配色等を施し、駅利用者をまんがの世界に入り込んだ気持ちにさせる空間を演出している。デザインの仕様は貼付面数31面、駅名標77カ所に加え、デジタルサイネージ2カ所が設置されている。

 審査結果によると、象徴的といえるキャラクターを前面に出すことなく感じさせるよう表現することで、抑制が効いたデザインになっていることが評価の決め手に。同社のコーポレートカラーとドラえもんの「青」が近い色であることに着目し、デザイン展開したこともポイントになった。

 小田急電鉄は「今回の受賞を大変うれしく思う。生まれ変わった小田急線登戸駅をぜひご利用いただき、藤子・F・不二雄ミュージアムへもお越しください」とコメントしている。

 公益財団法人日本デザイン振興会が主催する同賞は、デザインによって人々の暮らしや社会をよくしようと、1957年に開始。製品や建築、サービスなど日常を取り巻くさまざまな対象に贈られている。
 

多摩区版のトップニュース最新6

11校に昇降器具設置へ

多摩区予算案

11校に昇降器具設置へ 政治

資器材・全市2千万円

2月21日号

「まち協」12年 活動終結へ

「まち協」12年 活動終結へ 社会

課題解決・中間支援に貢献

2月21日号

特別教室 ウェブ予約に

中野島小

特別教室 ウェブ予約に 教育

市、施設活用へ試験導入

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

せせらぎ館に「支援」自販機

せせらぎ館に「支援」自販機 社会

売上で美化推進、県内初

2月7日号

台風被害 共有し議論

区自主防災連絡協議会

台風被害 共有し議論 社会

初の研修会、100人超

2月7日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク