多摩区版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

稲中駅伝部 女子 初の関東大会へ 27年ぶり市制覇、1日号砲

スポーツ

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena
思いを語る、駅伝部女子のメンバー
思いを語る、駅伝部女子のメンバー

 横浜八景島・海の公園で今月9日に行われた「第34回神奈川県中学校女子駅伝競走大会」で2位に輝いた市立稲田中学校は、初の関東大会に挑む。川崎市大会では27年ぶりに優勝し、県大会でも躍進。12月1日の大舞台で、1都7県から集う33校の頂点を狙う。

 市大会に出場する駅伝部のメンバーを決めるため、稲中では夏休み明けの8月末に選考会を実施。選抜された男女52人で練習を重ねてきた。補欠各3人を含むレギュラーメンバー男子9人、女子8人が今月4日に等々力陸上競技場で行われた市大会に臨み、女子は5区間の1〜3区で区間1位を獲得した。

 駅伝部女子のレギュラーメンバーは3年の部長・村上彩楽(さら)さん、ルブラス恵美里さん、相馬幸音さん、2年の藤崎希美さん、吉田望乃(のの)さん、松本瑠璃さん、1年の笹本菜月さん、小林羽愛(はな)さん。笹本さんと吉田さんはバスケットボール部、松本さんはソフトテニス部、相馬さんはソフトボール部、ほか4人は陸上部という構成だ。市、県大会ともにルブラスさん、藤崎さん、笹本さん、吉田さん、村上さんの5人が出場した。

 村上さんは県大会翌日の10日、福島県で行われた東日本女子駅伝の神奈川代表として大学生らに交ざって出場。1区を1位で走ったキャプテンの責任感と人間性に惹かれたという。「そんな存在になりたい」と話し、関東に向けて「このメンバー8人で出られる最後の大会。チームで一つになって走り切りたい」と意気込む。村上さんと共に、駅伝部として3年目のルブラスさんは、周りへの気配りもできるようになってきたという。「県でタイムを伸ばせなかったのでリベンジしたい」と力強く語る。

 駅伝部に携わる教員は、陸上部顧問の荒井秀太総監督をはじめ20人ほど。選手の栄養管理などを担う保健体育科の中野遥奈教諭は「力を出し切れば優勝を狙える。持っている底力に期待したい」と思いを込めた。
 

多摩区版のトップニュース最新6

11校に昇降器具設置へ

多摩区予算案

11校に昇降器具設置へ 政治

資器材・全市2千万円

2月21日号

「まち協」12年 活動終結へ

「まち協」12年 活動終結へ 社会

課題解決・中間支援に貢献

2月21日号

特別教室 ウェブ予約に

中野島小

特別教室 ウェブ予約に 教育

市、施設活用へ試験導入

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

せせらぎ館に「支援」自販機

せせらぎ館に「支援」自販機 社会

売上で美化推進、県内初

2月7日号

台風被害 共有し議論

区自主防災連絡協議会

台風被害 共有し議論 社会

初の研修会、100人超

2月7日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク