多摩区版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

川崎生まれ果実酒 促進へ 市、県内初の「特区」申請

経済

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena
トカイナカヴィレッジの松本さん(左)、西山さん
トカイナカヴィレッジの松本さん(左)、西山さん

 地元農家のブドウやイチゴを使ったワインの生産を促進しようと、川崎市は今月、「かわさきそだちワイン特区」の認定を国に申請した。今年度中に認定される見通しで、県内では初。多摩区でも体験型仮想集落「カワサキトカイナカヴィレッジ」(東生田)のほか、2軒の農家が製造に意欲を示している。

 酒税法では、ワインや日本酒など醸造酒をつくる免許の条件として、年間6千リットル以上の最低製造基準を規定。しかし、今回の市の申請で国の構造改革特区に認められれば、少量でも自前で醸造し、運営する飲食店や宿泊施設での提供ができるようになる。

 市はワイン特区についての聞き取りを市内農家に行い、多摩区3軒、麻生区と宮前区の各1軒から果実酒製造の意向を確認。提供施設がない農家もあったが、申請に踏み切った。

 市経済労働局の担当者は「特色ある川崎の都市農業を発信することができる。観光農園として集客にもつながれば」と期待感を示し、「(製造に)参加してくれる農家を増やしたい」としている。特区申請について市はこれまで内閣府と調整を進め、3月までに認可予定。市は4月から農業者向けに広報を行い、2025年までに3軒の製造施設の開設を目指す。

里山で体験企画も

 農作業やキャンプ、田舎の食事作りなどが体験できる里山施設「トカイナカヴィレッジ」では、他区の農業生産法人や農家と連携し、ブドウの苗植え体験やワイン試飲会を計画中。市内産のブドウやイチゴ、カキの活用も視野に入れる。研修室と近日開店予定のレストランを備える施設「村役場」で、仲間同士の勉強会も検討。里山を所有する松本穣さん(75)は「地域の人たちが集えるコミュニティセンターのような場になれば」と思いを語る。運営を担う西山雅也さん(54)は「農業体験の場づくりが、観光振興にもつながる。北部農業の起爆剤にもなり得る」と力を込める。

麻生区産のブドウで醸造されたワイン
麻生区産のブドウで醸造されたワイン

多摩区版のトップニュース最新6

レジ袋削減 3.7万枚に

商店会エコポイント

レジ袋削減 3.7万枚に 社会

「まち協」終了も、継続へ

3月27日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 経済

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

静かに祈り、支え

震災9年

静かに祈り、支え 社会

多摩区で続く「3.11」

3月20日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

動画編集にAI活用

富士通

動画編集にAI活用 経済

市と連携 生田緑地で実験

3月13日号

親の会10団体で新組織

不登校・ひきこもり

親の会10団体で新組織 社会

冊子発行、「語る場」提供へ

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク