多摩区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

川崎浴場組合 災害時、入浴支援で協定 宿河原浴場 東日本台風でも対応

社会

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
番台に座る一郎さんと知子さん
番台に座る一郎さんと知子さん

 大規模災害時における被災者の入浴支援について先月、市と協定を結んだ川崎浴場組合連合会(砂辺信治会長)。市から要請があった際、加盟する市内35施設を開放するものだが、令和元年東日本台風のときにも宿河原浴場など11施設が入浴支援を行っていた。

 多摩区では堰や菅稲田堤で甚大な浸水被害があった東日本台風。市内で被害の大きかった地域では、停電などで風呂を沸かせず入浴できない人が相次いだ。福田紀彦市長が被災地を視察した際「お風呂に入りたい」という市民の声を受け、同連合会に対し入浴支援を要請。宿河原浴場をはじめ、中原区や高津区の11施設が提供し、3週間で約3千人が利用した。

 当時200人以上が訪れたという宿河原浴場の関山一郎さん(83)は「この辺りにお風呂屋さんはうちくらいで、菅や高津区の方から来る方もいた。地域の皆さんから感謝の言葉もいただいた」と振り返る。一方で「市から要請があったのは2、3日後で、すぐに無償提供の対応ができなかった」とも。1957年創業、妻の知子さんと夫婦二人三脚で歩んできた一郎さん。今回の協定を受け、「一昨年は初めての経験だった。今度、万が一があったらすぐに行動したい」と思いを語る。

 同協定では、大規模災害時に自宅で入浴ができない避難者に対し、公衆浴場施設が無償で入浴を支援。必要な費用は市が負担する。多摩区内の施設は宿河原浴場と、よしの湯(西生田)の2件。3月29日、協定を交わした同連合会の砂辺会長は「災害がなく使われないことが一番だが、万が一に備えてできる限りの準備をする」と語った。

連合会役員と福田市長=同会提供
連合会役員と福田市長=同会提供

多摩区版のトップニュース最新6

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

沿道の将来像 冊子に

登戸2号線

沿道の将来像 冊子に 経済

区画整理 地権者ら勉強会

5月7日号

「分区」から深めた10年

多摩区保護司会

「分区」から深めた10年 社会

更生支え、犯罪ない社会に

4月30日号

GW(ゴールデンウィーク)、河川敷でマルシェ

多摩SDC

GW(ゴールデンウィーク)、河川敷でマルシェ 社会

学生中心に企画・運営

4月23日号

多摩川で8編の物語

登戸出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

Hulu、ドラマ配信開始

4月23日号

住民の心、支援広告に

長尾台バスあじさい号

住民の心、支援広告に コミュニティ経済

高橋商事へ感謝 69万円超

4月16日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter