多摩区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

川崎浴場組合 災害時、入浴支援で協定 宿河原浴場 東日本台風でも対応

社会

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
番台に座る一郎さんと知子さん
番台に座る一郎さんと知子さん

 大規模災害時における被災者の入浴支援について先月、市と協定を結んだ川崎浴場組合連合会(砂辺信治会長)。市から要請があった際、加盟する市内35施設を開放するものだが、令和元年東日本台風のときにも宿河原浴場など11施設が入浴支援を行っていた。

 多摩区では堰や菅稲田堤で甚大な浸水被害があった東日本台風。市内で被害の大きかった地域では、停電などで風呂を沸かせず入浴できない人が相次いだ。福田紀彦市長が被災地を視察した際「お風呂に入りたい」という市民の声を受け、同連合会に対し入浴支援を要請。宿河原浴場をはじめ、中原区や高津区の11施設が提供し、3週間で約3千人が利用した。

 当時200人以上が訪れたという宿河原浴場の関山一郎さん(83)は「この辺りにお風呂屋さんはうちくらいで、菅や高津区の方から来る方もいた。地域の皆さんから感謝の言葉もいただいた」と振り返る。一方で「市から要請があったのは2、3日後で、すぐに無償提供の対応ができなかった」とも。1957年創業、妻の知子さんと夫婦二人三脚で歩んできた一郎さん。今回の協定を受け、「一昨年は初めての経験だった。今度、万が一があったらすぐに行動したい」と思いを語る。

 同協定では、大規模災害時に自宅で入浴ができない避難者に対し、公衆浴場施設が無償で入浴を支援。必要な費用は市が負担する。多摩区内の施設は宿河原浴場と、よしの湯(西生田)の2件。3月29日、協定を交わした同連合会の砂辺会長は「災害がなく使われないことが一番だが、万が一に備えてできる限りの準備をする」と語った。

連合会役員と福田市長=同会提供
連合会役員と福田市長=同会提供

多摩区版のトップニュース最新6

登戸駅でホームドア試行

JR東日本

登戸駅でホームドア試行 経済

新型導入へ、影響を検証

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

駅伝部男子 初関東へ

稲田中

駅伝部男子 初関東へ スポーツ

合言葉は「オールアウト」

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

店舗誘致の呼び水に

区画整理登戸2号線

店舗誘致の呼び水に 経済

「まちなか遊縁地」あす20日

11月19日号

多摩区内、新たに5件

市地域文化財

多摩区内、新たに5件 文化

第4回で計49件 市内最多

11月19日号

長尾町会

長尾会館(多摩区長尾7-20-3/☎044-857-4340)

http://www.tamaku-chouren.com/

有限会社アイディーエー

あじさいまつりを応援しています 宮前区神木本町1-3-8

https://www.kanagawa-takken.com/detail/00071402697/

天台宗 長尾山 妙楽寺

川崎市多摩区長尾3-9-3(あじさい寺)/☎044-922-3653

https://www.city.kawasaki.jp/880/page/0000000092.html

髙橋商店

川崎市多摩区長尾6-25-2

有限会社井田土建

多摩区長尾7-4-4 ☎044-911-3985

社会福祉法人 三神会

川崎市宮前区神木本町5-12-15 TEL:044-871-2010

https://sanshinkai.or.jp/

【つつじ寺】神木山 等覚院

川崎市宮前区神木本町1-8-1 TEL:044-866-4573

https://www.tougakuin.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook