多摩区版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

サミット中野島店 ボトル再製品化へ試行 市内連携で「新・循環モデル」

社会

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena
ボトル回収機を操作する由井店長
ボトル回収機を操作する由井店長

 使用済みペットボトルを再び製品化する新たな資源循環を目指し、サミット(東京都杉並区)は7月7日、中野島店など川崎市内3店舗に専用の回収機を設置。日本環境設計(川崎区)や市と連携し、市内を舞台にペットボトル再利用の実証事業を約半年間行う。

 サミットと連携するのは、リサイクル事業を手がける日本環境設計とグループ会社のペットリファインテクノロジー(川崎区)、ペットボトル回収機メーカーの寺岡精工(東京都大田区)。サミットストア中野島店と幸区の尻手駅前店、南加瀬店でペットボトルを回収している。

 回収機は画面表示に触れて投入口を開き、容器包装を外したペットボトルを入れると圧縮されて保管される。中野島店の由井穂高店長は「商品の販売だけでなく、環境問題と社会貢献は常に推し進めていくテーマ。その第1弾としてこの取り組みが浸透していけば」と展望を話す。同店ではポスターを掲示するほか、店内放送や音声案内で回収を呼びかけている。

 各店で集まったボトルは、日本環境設計の化学技術で燃やさずに分子に戻し、新品同等のペットボトルへ再生する仕組み。飲料メーカーで新たな商品として、再び店頭に並ぶことを目指す。各社と市は共同発表で「より環境負荷が低く、物流面やコスト面でも効率のいい運用を検討する」と表明。地域内循環による『ボトルtoボトル』のリサイクルは、国内初の事例としている。

家庭ごみ微増

 川崎市内での昨年度の家庭ごみ廃棄量は暫定値で総量31万6715トンにのぼり、コロナ下の外出自粛なども影響し微増傾向に。そのうちペットボトルは5279トンで、4千台後半で推移する過去5年間と比べて、10%前後増えている。

 今回の取り組みは、脱炭素社会を掲げて川崎市が昨年11月に策定した「プラスチック資源循環への対応方針」の一環。市環境局の担当者は「捨てた物が同じ物として戻ってくる『水平リサイクル』は、市民に見える化しやすいのが利点。分別意識の向上にもつながる」と期待を寄せる。
 

育児・家事の両立OK!

第一生命 南多摩営業オフィス(☎050-3782-2906 担当:石山)

https://dai-ichi-life-career.jp/outline/index.html

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】9/21(月)16時~予定!中野島エリア(本店他)駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 スポーツ

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

光と泡、川崎に活力を

照明家×シャボン玉

光と泡、川崎に活力を 社会

市内在住の2人がコラボ

9月17日号

伊佐選手 中野島に感謝

川崎新田ジム

伊佐選手 中野島に感謝 スポーツ

新・日本ユース王者 地元凱旋

9月10日号

みどり愛護で大臣表彰

多摩区3団体

みどり愛護で大臣表彰 社会

日向山と長沢、根岸古墳

9月10日号

きょう、開館10周年

藤子ミュージアム

きょう、開館10周年 文化

登戸駅装飾など 魅力発信

9月3日号

シャボン玉と残す風景

登戸まちなか遊縁地

シャボン玉と残す風景 社会

有志ら 空き地で撮影会

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook