多摩区版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

稲田中 駅伝部男子 初関東へ 合言葉は「オールアウト」

スポーツ

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
(右上から時計回りに)荒井教諭、藤森健太さん、三宅悠斗さん、及川栄志さん、古賀光宏さん、高田翔天さん、浦沢碧斗さん、室野伎久介さん、松永貫太郎さん、松嶋悠斗さん
(右上から時計回りに)荒井教諭、藤森健太さん、三宅悠斗さん、及川栄志さん、古賀光宏さん、高田翔天さん、浦沢碧斗さん、室野伎久介さん、松永貫太郎さん、松嶋悠斗さん

 今月6日に横浜市内で行われた第43回「神奈川県中学校男子駅伝競走大会」で総合3位に輝き、初の関東大会出場を決めた市立稲田中学校(宿河原)。先月の市大会5位から躍進した同校は、12月5日の大舞台を3年間の集大成に位置づける。伝統の「オールアウト」(力を出し切る)を胸に鍛錬を重ねる。

 陸上部を中心に他の運動部からも部員を集め、男子27人と女子22人で9月末に始動した駅伝部。10月に2度の3キロ走でレギュラーを選考し、男子は3年生8人と2年生1人の9人が決定した。

 10月末の市大会は男女ともに5位入賞。県大会で男子は、陸上部部長のエース・松永貫太郎さんが2区で24位から一気に10位へ。3区の三宅悠斗さんから5位でたすきを受けた室野伎久介さんは、関東出場圏内の4位を超える3位に浮上。最終6区は駅伝部部長の及川栄志さんが好走し、西高津中、宮前平中に次ぐ堂々のゴールを飾った。女子は県10位で2回目の関東を逃した。

 市大会ではシューズが緩むアクシデントに見舞われ、脱いで完走した及川さん。「駅伝はチーム競技。強い思いを持った仲間が助け合い、結果につながった」と感謝を表す。就任5年目の駅伝部総監督・荒井秀太教諭(38)は「今年のチームは3年生が自発的に声がけをして、練習初日からいい雰囲気をつくってくれた」と信頼を寄せる。

 同部では男女一緒に練習するのが伝統だ。女子が関東に初出場した一昨年、男子チームは男女のレースを見学。室野さんは「他県のレベルの高さを感じた。ここまで来たらベストを尽くすのみ」と力を込める。関東では、エース級が集う1区予定の松永さんは「速い選手にどれだけついていき、順位を上げられるか」と気を引き締める。

 栃木県に33校が集う関東大会で、男子は市内4校が出場。市勢の過去ベスト「13位」超えを目標に、チーム一丸で挑む。

多摩区版のトップニュース最新6

自然残し、2エリアに

生田小下校庭整備

自然残し、2エリアに 社会

出張所 市民の声受け変更

8月12日号

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ

川崎の地酒

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ 社会

実行委、広い水田を検討

8月12日号

歴史振り返り、未来へ

登戸研究所保存の会

歴史振り返り、未来へ 社会

区制50周年で展示や講演

8月5日号

民間移行へ対応模索

市立中学部活動

民間移行へ対応模索 教育

休日中心に2月まで試行

8月5日号

灯籠流し、一丸で再び

宿河原二ヶ領用水

灯籠流し、一丸で再び 文化

8月21日 稲田中・竹明かりも

7月29日号

閻魔寺 御朱印を製作

東生田安立寺

閻魔寺 御朱印を製作 文化

「妖怪シェアハウス」ロケ地

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook