多摩区版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

向の岡工業高 生田緑地に看板第2号 「戸隠不動口」 3年生が製作

社会

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena
完成した看板と生徒たち(上)。設置作業の様子
完成した看板と生徒たち(上)。設置作業の様子

 生田緑地にある入り口の一つ「戸隠不動口」に、県立向の岡工業高校(堰)の手作り看板が1月11日、お目見えした。同校生徒による看板製作は、昨年度の「長者穴口」に続き2カ所目。3年生8人が手がけ、同日に設置の仕上げ作業を実施した。

 市民団体や行政、指定管理者らが緑地の管理運営に参加する組織「生田緑地マネジメント会議」と同校が連携し、昨年度に始まった取り組み。「生田緑地 戸隠不動口」と書かれた看板は縦150センチ、横67センチほどの大きさで、ベニヤ板を使っている。

 同校の建築科建築コースで名乗りをあげた8人が、授業の課題研究として昨春始動。チームで設計やデザインを考案し、電動糸ノコで文字を彫ってフチをくり抜き、ヤスリと塗装で仕上げた。完成は12月で、リーダーの鈴木颯斗さん(18)は「黒のフレームや書体は、カジュアル過ぎずカッコいいイメージに。誰でも見やすいよう意識した」と思いを語った。看板の右下には鈴木さんの飼い猫をモチーフにしたマークも。副リーダーで主に文字を担当した小水流來さん(18)は「生田緑地が身近な存在になれば。看板を見て楽しんでもらいたい」とし、「この辺で同窓会ができたら」と笑顔を見せた。

歴史残るスポット

 かつて生田緑地内の枡形山の北西にあり、1993年に火災で焼失した寺院「戸隠不動尊」。遊歩道の一部として整備された「戸隠不動尊跡地」の近くに、戸隠不動口は位置する。ここを含む複数の入り口の名称は生田緑地マネジメント会議の「おもてなしプロジェクト」(松岡嘉代子代表)で検討され、2018年に付けられた。松岡さんは「生田緑地の西北の端で、ホタルの里の入り口でもある代表的な場所。市民参加で05年にできた生田緑地整備基本計画でも、名前を『戸隠入口』とする提案があった」と看板設置の理由を説く。

 生田緑地共同事業体の副統括責任者、越智正夫さんは「個性豊かな看板に感謝している。地元校とのコラボを続けていきたい」と期待を寄せた。

多摩区版のトップニュース最新6

保留児童、市内最多に

多摩区

保留児童、市内最多に 社会

市全体は4年連続減少

5月20日号

隠れた名所や魅力募る

菅町会70周年

隠れた名所や魅力募る 文化

記念誌制作へ、参加型企画

5月20日号

50周年 次代への一歩

多摩区

50周年 次代への一歩 社会

記念式典に200人集結

5月13日号

山ちゃんの魂、脈々と

おさかなポストの会

山ちゃんの魂、脈々と 社会

一周忌 多摩川でお別れ会

5月13日号

区PR動画、協力求む

ワガママSUNバンド

区PR動画、協力求む 文化

50周年企画でクラファン

5月6日号

来春開業、協議重ねて

フロンタウン生田

来春開業、協議重ねて スポーツ

多目的広場 「利用調整会」 発足へ

5月6日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook