神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2012年9月14日 エリアトップへ

父親の地域参加を目指す活動を行う「パパ塾」の代表を務める 市川 毅さん 市ノ坪在住 44歳

公開:2012年9月14日

  • LINE
  • hatena

地域の子を見守るパパに

 ○…市民館主催の講座を機に、父親の地域参加を目指し発足した『パパ塾』。メンバー約20人の代表を務める。「子育てに熱心なパパでも地域に出向くのは勇気がいるもの。でも昨年の震災以降、地域との繋がりの大切さやパパとしての存在価値は高まっている」。3年目となる今年は、防災講座や料理教室など月1回のイベントで活動の輪を広げている。「実際、地域との交流で仲間が増えました。今後も様々な活動を続けていきたい」と意気込む。

 ○…鈴鹿サーキットの施設全般の企画運営を行う企業で働く。サーキット以外の遊園地やキャンプ場などをどう活性化させるかについて、父親が主役になる企画をプレゼンした。「子ども目線も大切だけど、パパがもっと活躍できる場があれば、家族の絆はもっと深まるはず」。仕事と子育ての両立のコツは、時間の使い方を工夫すること。「将来、今を振り返ってみたとき、子どもと過ごした時間は良かったと思えるはず。残業時間を抑えたり、無駄にTVを見ずに、子どもと接する時間を作っています」

 ○…生まれは府中市。家族は夫人と4歳の愛娘の3人。趣味は旅行とカメラで、愛用のデジタル一眼で家族を撮るのが日課という。「外出すれば1日1000枚は撮影しますね。嫁からは、いい加減にしてって呆れられていますけど」と苦笑い。キャッチフレーズは”子どもは地域社会への期間限定パスポート”。「小さい子どもがいるだけで周りと自然に触れ合える。それこそパパが地域に入り込むチャンスだと思うんです」

 ○…夢は、地域の父親になること。「会社は退職すれば肩書きはなくなる。でもパパは永遠。幾つになっても地域の子どもたちを見守るパパという存在になりたいですね」。最近ブームのイクメンや積極的に子育てに励もうとする父親に向けては、「ぜひ一緒に活動しましょう。”川崎パパネット”でご検索下さい」と笑顔でメッセージを送った。
 

中原区版の人物風土記最新6

脇本 靖子さん

川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」の館長に就任した

脇本 靖子さん

市内在住 44歳

5月24日

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物―川崎市誕生ものがたり―』で主役を演じる

高橋 宏和さん

多摩区在住 52歳

5月10日

山本 芙佐子さん

着物リメイクを通して寄付活動を行う

山本 芙佐子さん

上平間在住 80歳

5月3日

鹿島 連(むらじ)さん

中原消防団の第20代団長に4月1日付で就任した

鹿島 連(むらじ)さん

下小田中在住 62歳

4月26日

中山 寛隆さん

川崎市制100周年記念で演奏する合唱団に携わる、川崎市合唱連盟の事務局長

中山 寛隆さん

高津区在住 36歳

4月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook