中原区版 掲載号:2016年2月19日号 エリアトップへ

川崎中央リトルシニア出身で、2016年ドラフト候補として注目を浴びる創価大のエース 田中 正義(せいぎ)さん 横浜市出身 21歳

掲載号:2016年2月19日号

  • LINE
  • hatena

未来を見据え「一球入魂」

 ○…最速156Km、昨秋の東京新大学野球リーグでは46イニング無失点で防御率0・00を記録、プロ野球全12球団から注目されるピッチャーとなった。大学最後のシーズンとなる今年は、新チームのキャプテンに志願。「まずは春のリーグで優勝し、大学日本一を獲ることが直近の目標。そのために、自分自身もチームもレベルアップしなければ」と足元を固める。

 ○…中学時代は、区内上平間の多摩川河川敷を拠点に活動する川崎中央リトルシニアで3年間汗を流した。実家がある鶴見区から自転車で片道20分。「平日の放課後と土日でほぼ毎日。新川崎駅前の坂道が辛かったですね」と振り返る。多摩川の土手をランニングしながら眺めていた川崎の街は今も目に焼きついている。その頃の仲間とは今も会えば昔話に花が咲く。「練習後にコンビニに寄ってお腹を満たしていたこと、ラゾーナ川崎で遊んだこと…。今思えば青春ですよね」

 ○…両親と兄、姉、妹の6人家族。大学で寮生活を送っており、久々正月に実家へ帰省した。最近のメディアの加熱ぶりに、母は「プレッシャーを感じず謙虚にね」と心配気。また、野球経験のある父からは今も細かなアドバイスが送られるそう。「まるでコーチですよね」と言いつつも、世話焼きの父の愛情には感謝している。趣味は温泉とサウナ。「人が多いところが苦手なので、電車ではなく自転車で通える場所でゆっくり身体を癒していますね」

 ○…理想の投手像について「田中が投げるから球場に行こうと思ってもらえるピッチャーになること」。実は、現役引退後のビジョンもすでに見据えている。「将来は指導者になりたいんですよ。ピッチングやトレーニングだけではなく、解剖学や栄養学などあらゆる分野を学んで、成熟した野球人を輩出できるような人間になれたらいいなって」。そのためにも、魂を込めた「一球一球」を積み上げていくつもりだ。

中原区役所

中原区民祭のポスター応募作品展示中

https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

前島 誠一さん

生田緑地ばら苑「ばら苑ボランティア会」の会長を今春から務める

前島 誠一さん

宮前区在住 69歳

10月30日号

小野寺 盛男さん

設立20年目を迎える花クラブの中心メンバーとして活躍する

小野寺 盛男さん

木月4丁目在住 81歳

10月23日号

竹井 斎(ひとし)さん

川崎市地球温暖化防止活動推進センターでセンター長として10年目を迎える

竹井 斎(ひとし)さん

井田杉山町在住 64歳

10月16日号

笹田 恵子さん

今月オンライン開催されるコスギフェスタでMCを10年間務める

笹田 恵子さん

中丸子在住 52歳

10月9日号

那須野 純花(あやか)さん

発足5周年を迎えたグリーンバード武蔵小杉チームのリーダーを務める

那須野 純花(あやか)さん

幸区在住 23歳

10月2日号

小野 聰(さとし)さん

「川崎ウオーキング協会」で多摩川沿いを1900Km歩いた記録を持つ

小野 聰(さとし)さん

下小田中在住 76歳

9月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク