中原区版 掲載号:2017年12月22日号 エリアトップへ

学生音コンバイオリン部門 若生さん(中原小4年)が全国2位に 「将来は世界的奏者に」

文化

掲載号:2017年12月22日号

  • LINE
  • hatena
「次こそは1位に」と意気込む若生さん
「次こそは1位に」と意気込む若生さん

 中原小4年の若生麻理奈さんが12月3日、横浜市で開催された第71回全日本学生音楽コンクールに出場し、バイオリン部門で2位の快挙を成し遂げた。

 同コンクールは、1947年から続く歴史ある大会。音楽の道を志す若者にとっての登竜門となっている。若生さんは10月に行われた東京大会で奨励賞を受賞し、本大会への出場権を獲得した。

 小学校の部は、各地区大会で好成績を収めた4〜6年の13人が演奏した。若生さんは12番目に登場。大会前に「お客さんがいっぱい入るから楽しみ」と話していた通り、満席に近い会場でも物怖じすることなく渾身の演奏を披露した。「演奏が終わった時はやりきって、楽しかったなと思えた」と振り返るが、2位の結果には「悔しいからもう一回挑戦したい。次こそは1位になる」と負けず嫌いな一面も覗かせた。

1カ月半は猛練習

 母・純子さんがバイオリニストだったこともあり、3歳から本格的にバイオリンを始めた若生さん。全国大会の出場が決まってからの1カ月半は、「1回も遊びには行かなかった」と毎日特訓を重ねた。本番で選んだ曲は『ヴィエニャフスキのバイオリン協奏曲第2番ニ短調』。母の純子さんは「練習すればするほどに難しい曲で、本気で曲に向き合う事を学べたと思う」と話す。若生さんも、「もうイヤだ、と思うこともあったけど、技術、表現力が成長した」と自己評価する。そして、全国での舞台は「やりきった」と満足するが、「もっと基本をつきつめて、誰が聴いても美しいと感じてもらえるようにしたい」と課題もはっきり見えた。

 まだまだ伸び盛りの小学4年生は「夢は世界で活躍できる奏者。世界中に自分の音を届けたい」と話す。

中原区版のトップニュース最新6

水没品 市費修復へ

川崎市市民 ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

区役所以外で申請受付

マイナンバーカード

区役所以外で申請受付 社会

普及めざし初の試み

11月8日号

交通事故死758日「ゼロ」

交通事故死758日「ゼロ」 社会

中原区内、過去最長を更新中

11月1日号

賞金で市内被災地支援

川崎F

賞金で市内被災地支援 スポーツ

ルヴァン杯優勝 心一つに

11月1日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月25日号

復興へ 広がる支援

台風19号中原区

復興へ 広がる支援 社会

ボランティア受付、415人

10月25日号

多摩川周辺が浸水被害

台風19号、中原区にも

多摩川周辺が浸水被害 社会

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク