中原区版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

認定NPO法人キーパーソン21の代表理事を務める 朝山 あつこさん 上小田中在住

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena

子供たちに「らしさ」と「未来」を

 ○…キーパーソン21を立ち上げて18年。子供たちを対象に全国や市内で様々な取り組みを行うなか、一貫しているのが「主体的にものを考え生きていく人を地域の大人で育てたい」という思い。全国100校以上で実施している「夢!自分!発見プログラム」は、自分らしさに気付き、将来の仕事や生き方について考えることを目的にしている。また、市が取り組む地域の寺子屋事業で地域の子供たちに体験活動を行ったり、学習支援も行う。「自ら動きださずにはいられない自分だけの原動力、『わくわくエンジン』を子供たちに見つけてほしい」と話す。

 ○…活動のきっかけは長男が通う中学校で起きた「学級崩壊」。全国的にも子供が暴れたり無気力になるニュースが増え「子供たちはエネルギーを向ける先が分からないんだと思った」と当時を振り返る。子供たちが夢中になれることを探せるように、地域の大人で育てる必要性を感じた。「ただ大人が集まるだけでなく、どのように育てていくかという方針として教育プログラムを考えた」。

 ○…印象に残っているのは、学習支援の場に訪れた母子家庭の中学生。最初は全く勉強する気がなかったというが、プログラムを通じて「自分はお金を稼げるようになりたい。おじいちゃんが宮大工だったから、建築に関する仕事がしたい」と『エンジン』を積む瞬間を見た。「その子は猛勉強してね。全日制の高校に入学。この間卒業してね」と感慨深げに語る。

 ○…最近では地元企業も同プログラムを取り入れ地域の学校と関わるなど、手応えを感じている。「子供たちは親や先生以外の大人と接することで、多様な価値観に触れられる。だから、寺子屋や学習支援を一緒にやってくれる地域の大人たちを増やしたい」と目標を語る。
 

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

佐藤 由加里さん

かわさきこども食堂ネットワークの代表を務める

佐藤 由加里さん

高津区在住 54歳

5月1日号

寺田 幸生さん

JR武蔵小杉駅の駅長を務める

寺田 幸生さん

小杉町在勤 51歳

4月24日号

なかの 真実さん(本名:中野真実)

子ども向けの絵本『いきものづくし ものづくし』の絵描きの一人に抜擢された

なかの 真実さん(本名:中野真実)

木月大町在住 35歳

4月17日号

原 正人さん

国の文化財に登録された門と稲荷社を有し、地元不動産企業で代表を務める

原 正人さん

小杉陣屋町在住 63歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク