中原区版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

市コンベンションホール 初決算、計画の7割止まり 稼動率も目標届かず

社会

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
開館記念式典を行ったホール
開館記念式典を行ったホール

 川崎市は8月9日、昨年4月に開設した市コンベンションホール(小杉町2)の初年度の事業実績などを公表した。収入は計画の7割の約7千9百万円にとどまり、稼働率はホールが38%、会議室が59%で、いずれも計画を下回った。

 市が公表したのは収支計画・実績、利用者満足度、サービス向上・業務改善など項目ごとの評価。収入は計画の約1億1千万円に対し約7千9百万円で、達成率は71%。計画よりおよそ3千2百万円下回ったが、支出を抑えたことを評価委員会は評価した。また、利用者満足度アンケートでは、「また利用したい」との声が87%あり、目標を上回ったが、回収件数が目標を下回ったことを指摘している。

 ホールと会議室の稼働率が計画に届かなかったことについて市担当者は「当初、下見に来ていた人の利用が無かったなど見込みが外れたこともあるが38%は低い。認知度が低く周知が足りなかった」と話す。実際に、講演会を開いた主催者は「駅から近くて参加者には好評だった。しかし、事前準備の時間も料金に含まれるので、予算をオーバーしてしまった」との意見も聞かれた。

 同ホールは市経済労働局所管で、公共施設の管理運営を民間企業やNPO法人に委託する指定管理者制度により、(株)コンベンションリンケージが運営を行っている。年度ごとの事業実績を市に報告し、運営状況などについて評価される。

 評価委員会は、全体的な評価として大きなトラブルもなく開設初年度を終えたことは適切な施設運営を実施したと評価する一方で、ホールの稼働率が目標に届くように周知を図ることを指導していくとまとめている。ホール運営者は評価に対しては「コメントする立場にはない」としている。

 なお、同ホールは武蔵小杉駅徒歩約5分の場所に立地、企業や研究機関を対象に、国際会議や講演会などのビジネス利用を想定して大きなホールが建設された。

中原区版のトップニュース最新6

被災の歴史、後世へ

市民ミュージアム

被災の歴史、後世へ 文化

市、新施設の「考え方」示す

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

「室内プール」で復活へ

等々力緑地再編整備

「室内プール」で復活へ 教育

ストリート系専用広場も

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

初の関東で実力示す

サッカーAC等々力

初の関東で実力示す スポーツ

「史上最強」でリーグ昇格も

11月19日号

CO2濃度、影響を検証

平間小

CO2濃度、影響を検証 社会

3者連携で実証実験

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook