中原区版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー 服部 星奈(せな)さん 中原区・麻生区担当 

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena

 内に秘める 熱い魂

 ○…地域活性化を目的に市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」に9月21日から新メンバーとして加入。「せなぴ」の愛称で3代目中原区担当を務める。「人前でパフォーマンスするのが好き。ご当地アイドルとして、地域のことを紹介できるように頑張りたい」と、ゆっくりとした口調ではっきりと答える。

 ○…アイドルの卵ともいえる「研究生」になってわずか2カ月という早さで正規メンバーに合格。幼い頃からピアノを習い、音楽を仕事にしたいと思ったのは高校進学を考え始めたころ。シンガーソングライターとして活動するようになり、研究生になる前は都内や川崎駅で路上ライブをしていた。「川崎駅でライブをしていた時は、都内より応援してくれる雰囲気を感じた。川崎は人が優しい印象」と振り返る。自作の楽曲には「型にはまらなくていい、人と同じじゃなくていい」というメッセージを込めることが多い。「生きづらさを抱える人が多い気がする。そんな人たちに、楽な気持ちで楽しんでもらえる場所を作りたい」。アイドルになっても、その思いは変わらない。

 ○…家でウサギ2羽とフクロモモンガ1匹を飼うほどの動物好き。多摩川河川敷をお薦めスポットに挙げるのも「鳥が見られるから」と顔をほころばせる。「動物はのんびりしていて、かわいい。話さない分、すごく素直に意思表示してくれる」と溺愛ぶりを伺わせる。

 ○…就任から1カ月未満で既に多くのステージに立った。1日店長や広報大使など、日本一肩書の多いアイドルとしても記録を更新中だ。「(中原区は)地元が好きで、フレンドリーな人が多いなと思いました。地域の人と触れ合って、もっと愛される存在になりたい。川崎の魅力を外にも発信していきたい」。

中原区版の人物風土記最新6

重田 洋一さん

被災地支援を行った川崎建設業協会副会長で、(株)重田組の代表取締役

重田 洋一さん

上丸子山王町在住 50歳

11月8日号

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

関 伊都子さん

保護者会「りあん」の代表で、発達障がい応援キャラバンを企画する

関 伊都子さん

高津区在住 56歳

10月25日号

橋本 憲明さん

子ども虐待防止を願う「オレンジリボンたすきリレー」のPRに努める新日本学園の職員

橋本 憲明さん

木月伊勢町在住 69歳

10月18日号

古田 博子さん

車いすダンスの普及に努める「NPO全日本車いすダンスネットワーク」の副会長

古田 博子さん

小杉陣屋町在住 54歳

10月4日号

鬼頭(きとう) 光子さん

中丸子いこいの家で教養講座「童謡教室」の講師を務める

鬼頭(きとう) 光子さん

下沼部在住 74歳

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク