中原区版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

マイナンバーカード 区役所以外で申請受付 普及めざし初の試み

社会

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena
マイナンバーカード見本=区提供
マイナンバーカード見本=区提供

 中原区役所は11月16日と17日、モトスミ・ブレーメン通り商店街に出張しマイナンバーカードの申請を受け付ける。市内のカード交付率は2割に満たず、商店街でカードの利便性をPRするとともに、平日に区役所に来ることができない市民にも申請の機会を設けることで交付率を高めたい考えだ。

 政府は今年9月、全国民がマイナンバーカードを2023年3月末までに保有するという目標を掲げた。これを受け、区はマイナンバー取得を加速させたいと対策を検討。中原区商店街連合会が協力し、ブレーメン通り商店街振興組合(伊藤博理事長)で初めての開催が決まった。区担当者は「土日の人通りが多い商店街で買い物ついでに申請できるので、期待している」と話す。

 昨年までは区職員が、区内の大企業に出向き受付を実施するなど対策を取ってきたが、交付率は18%(9月16日現在)にとどまり、新たな方法を模索していた。

 申請の受付は11月16日(土)、17日(日)の午前10時から午後4時まで。会場は同商店街コミュニティセンター。対象は中原区民と商店街在勤者(市外在住者)。申請にはマイナンバー通知カード、本人確認書類2点、証明写真が必要(写真が無くても、当日は無料の撮影サービスがある)。カードは後日、申請者に郵送される。
 

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

台風の教訓、400人共有

丸子6町会

台風の教訓、400人共有 社会

防災訓練で対策協議

2月14日号

「開かずの踏切」 8分短縮へ

平間駅

「開かずの踏切」 8分短縮へ 社会

JR、来年度末に新システム

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 文化

年度内の作業完了めざす

2月7日号

台風被害受け 要望書

小杉タワマン

台風被害受け 要望書 社会

エリマネから、市長へ

1月31日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク