中原区版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

生田浄水場新スポーツ拠点 川崎F(フロンターレ)に運営権 市が整備計画、22年完成へ

経済

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
完成イメージ図=市提供
完成イメージ図=市提供

 生田浄水場用地(多摩区)を活用したスポーツ拠点の整備について、川崎市は川崎フロンターレを運営事業者に選定した。11月中に地域住民への説明会を開き、市は同社と20年間の土地貸し付け契約を結ぶ予定。複数の競技場をはじめ健康、防災に関する施設などを計画中で、2022年秋の完成を目指す。

多機能を集約

 川崎フロンターレの事業計画では、約4万8千平方メートルの土地を新たなスポーツ拠点施設「フロンタウン生田」(仮称)と定義。フロンタウンさぎぬま(宮前区)や本拠地の等々力陸上競技場、練習場の麻生グラウンドなど市内各拠点との連携を図る。スポーツと文化を主軸に、地域の集いの場を市民に提供し、健康促進や青少年育成に貢献したいとしている。

 同社担当者は「健康寿命アップを掲げ、多種目のスポーツ場を提供するとともに、サッカーを中心にしたクラブ下部組織の拠点、防災コミュニティとしての機能も果たしたい」と展望を示す。

 整備を行う更地は、市の水道事業の再構築により、工業用水施設を残して2016年に閉鎖された生田浄水場の浄水場部分。老朽化等により約50年後に更新を迎える工業用水施設の建て替え用地で、空いた更地を有効利用しようと、市がスポーツ拠点の整備計画を15年に策定していた。

 市上下水道局は16年、運営する民間事業者をプロポーザル(企画・提案)方式で公募したが、どこも応じなかった。再公募は今年3月から約3カ月間行われ、年間貸し付け額を前回の7898万円以上から6千万円以上に引き下げ決定した。

 川崎フロンターレが運営するのは約3万3千平方メートルの貸し付け用地で、人工芝のサッカー公式グラウンド2面や屋内外のテニスコート、スポーツ整形・リハビリ施設を設置予定。市が運営するふれあい広場も一体的に整備を進め、市地域防災計画に基づき、災害時の一時避難場所としても機能させる方針だ。

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

待機児童 2年連続ゼロ

川崎市

待機児童 2年連続ゼロ 社会

保留は1,552人に減少

5月20日号

児童合唱団「魅力を次代へ」

児童合唱団「魅力を次代へ」 教育

市連盟が支援、区内拠点に

5月20日号

18年ぶり減少

中原区子ども人口

18年ぶり減少 社会

市内最多の3万3751人

5月13日号

落書き防止へ壁面装飾

南武沿線道路高架下

落書き防止へ壁面装飾 社会

フロンターレが区に協力

5月13日号

「緑化計画」19年ぶり改定

小杉地区

「緑化計画」19年ぶり改定 社会

市、市民や企業とも連携

5月6日号

イベント参加で記念品

中原区50周年

イベント参加で記念品 社会

魅力再発見へ通年企画

5月6日号

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook