中原区版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

設立20年目を迎える花クラブの中心メンバーとして活躍する 小野寺 盛男さん 木月4丁目在住 81歳

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena

見返り求めず、笑顔咲かせ

 ○…入会から約10年間、毎日のように水やりや草取りなど活動に精を出す。所属の班で担当する花壇は武蔵小杉駅前の2つだが、常に気を配り他班をサポート。「公共の場を手入れする以上は趣味感覚では出来ない」と使命感を抱き、周辺のごみ掃除にも励む。花を多く植えすぎ養分が行き渡らず枯れやすい現状を憂慮し、「1つひとつの花が生き生きと育つ姿に、元気を貰って欲しい」と、通行人の「笑顔」を咲かせる花壇を追求する。

 ○…宮城県出身。「これまで会った誰よりも人が良い」という父親は、貧しいにも関わらず育てた野菜のほとんどを近隣におすそ分けするような人だった。そのため家の手伝いに奔走する幼少期を過ごしたが、20代のころ父親が死去。葬式は遠方からも知人が駆け付け人で溢れ、「どれだけ父親が周りに感謝されていたかを知った」。父親の背中を思い出しながら日々の活動に汗を流す。

 ○…中学2年生の孫の成長を見守るのが日々の幸せ。水泳が得意で大会にも出場する自慢の孫だが「まだまだ根性がないね」と愛情の中に厳しさを覗かせる。一緒に温泉を巡るのが至福で「人がいないときにこっそり泳ぎを見せてくれる」といたずらな笑み。成人した孫と酒を酌み交わす日を待ち望む。

 ○…新型コロナの流行まで中原区役所の前で約10年間努めたあいさつ運動や自転車マナー向上の市民活動など、数々の地域活動に励んだ人生。何事も主体的に取り組まないと気が済まず、仲間とぶつかり合うことも。「どれほどの人に恨まれているか分からないよ」と苦笑い。「賞状も称賛もいらない。ただ、みんなの為に出来ることは何でもしたい」と意志強く、周囲を想いひたむきに力を尽くす。

中原区版の人物風土記最新6

三堀 さき子さん

中原区子ども会連合会の最年長役員で、相談役を務める

三堀 さき子さん

小杉陣屋町在住 92歳

10月22日号

時田 正枝さん

木月こどもキッチンの代表で、「オズみんなの食堂」の運営に携わった 食を軸に出会い紡ぐ

時田 正枝さん

木月在住 55歳

10月8日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月1日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook