中原区版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

プロ野球BCリーグで優勝した神奈川フューチャードリームスの捕手として活躍した 根本 和也さん 上小田中在住 27歳

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena

可能性信じ、白球を追う

 ○…「もう一度野球をしたくて。人生後悔したくなかった」。小6で中原区選抜選手になりながら、以降は野球から離れ、硬式野球を始めたのは3年前。それでもプロ野球独立リーグのトライアウトを受けると、能力の高さと可能性が評価され関西の球団と契約。地元神奈川に新球団が誕生すると知り、今年テストを受け移籍した。捕手として投手陣を支え、数試合に出場。「あまり力になれなかったけど、チーム一丸で優勝できた経験は大きい」と振り返る。

 ○…友人からの誘いをきっかけに、今井中ではバレーボール部に入部。相手の動きを読む変幻自在なセッターとして才能を開花させ、市大会を制し県大会にも出場した。高校では「何かを極めたい」とテニス部へ。都内で上位の成績を収め、進学した立教大ではリーグ2部で半世紀ぶりの優勝に貢献。各種スポーツで見せる類いまれな身体能力の高さが、プロから注目される要因の一つだ。

 ○…子どもの頃の遊び場は中原平和公園。「友達と走り回ったり、二ヶ領用水でザリガニを捕まえたり」。今も多摩川周辺で日課のランニング、東扇島では釣りを楽しみ、少年野球のコーチが経営する居酒屋へチームメイトと足を運ぶ。「川崎は都会ながら、海や緑があって自然豊か。人も温かく、食も美味しい。正直離れたくない」と苦笑い。年末、少年野球の仲間と数年ぶりに集まる予定を心待ちにする。

 ○…球団とは自由契約となり、再び新たな挑戦が始まる。「スポーツは年齢が判断材料になってしまうが、伸びしろは人によると信じている。可能性がある限り諦めたくない」。一度は一般企業に就職しながら、自分自身と正直に向き合い決めた道。「将来どうするかは考えていない。今を一生懸命に打ち込むだけ」

中原区版の人物風土記最新6

高津川 真紀さん(本名:戸張 真紀)

戸張一座の代表として25年にわたって慰問活動をしている

高津川 真紀さん(本名:戸張 真紀)

高津区在住 54歳

1月21日号

神園 佳昌さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌さん

幸区在住 35歳

1月14日号

石井 智亮(ともあき)さん

三菱重工相模原ダイナボアーズの中心選手で、7日開幕の新リーグで戦う

石井 智亮(ともあき)さん

麻生区出身 26歳

1月7日号

青柳 晃洋さん

地元の応援を背に、プロ野球・阪神タイガースで初の開幕投手を目指す

青柳 晃洋さん

川崎工科高校(上平間)出身 28歳

1月1日号

絵描き屋みかんさん(本名:藤山 貴子)

廃材に新たな命を与える作品づくりをしている おちを考えアイデア練る

絵描き屋みかんさん(本名:藤山 貴子)

西加瀬在住 49歳

12月24日号

中村 昌子さん

江川せせらぎ遊歩道沿いの掲示板に手づくりの絵手紙を展示している

中村 昌子さん

高津区在住 86歳

12月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook