中原区版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

国際交流協会 災害備え、多言語で訓練 外国人支援、情報伝達を確認

社会

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena
中国語で聞き取りを行うランティア
中国語で聞き取りを行うランティア

 川崎市国際交流協会は11月29日、大規模災害発生時に外国人を支援するための訓練を同センターで行った。協会職員のほか、外国人市民や留学生、木月一丁目町会、通訳ボランティア、中原区役所などが参加。多言語を用いて行政情報の伝達の流れなどを確認した。

 同協会は災害時に多言語支援センターとして機能する協定を川崎市と結んでおり、一昨年から訓練を行っている。今年は過去最高の80人が参加。対応言語もベトナム語やネパール語などを追加し、11言語に広げた。

 アクリル板などで感染対策をとった上で実施。東京湾を震源とするマグニチュード7・3の地震が起きたことを想定し、同センターを避難所の住吉小学校に見立てた。木月一丁目町会が運営する避難所に外国人市民が避難。用意していた国旗一覧を使って国を把握し、言語別に分けられたコーナーに誘導した。協会から派遣された通訳ボランティアが英語や中国語、簡単な日本語などを使いながら、状況説明や不安要素の聞き取りを行った。ボランティアの報告をもとに、食料の確保や家族の安否確認など、外国人が求める支援を協会から外部機関に要請する流れを確認した。避難所での対応と並行し、協会職員は緊急情報の翻訳や音声録音などの訓練も行った。

 約2時間の訓練終了後、スタッフ同士のコミュニケーションの強化や、日頃から災害時用の単語をまとめておく必要性などが話された。同協会の北沢仁美事務局長は「今日得たヒントをいざというときに生かしたい」と話した。

中原区版のトップニュース最新6

対等な学び重ね 100回

こすぎの大学

対等な学び重ね 100回 社会

地域の仲間づくりを促進

4月16日号

開かずの踏切、改善へ一歩

平間駅

開かずの踏切、改善へ一歩 社会

JR 新たな制御装置導入

4月16日号

4人に1人が私立中学

中原区

4人に1人が私立中学 教育

進学率、5年連続上昇

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

18年の活動に幕

自共生

18年の活動に幕 社会

放置自転車改善で功績

4月2日号

ご当地体操、「ご自宅で」

パンジー隊×中原区

ご当地体操、「ご自宅で」 社会

NECが協力し、動画刷新

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter