中原区版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

ブレイキン 聖地・川崎から世界へ 中原区・石川さん パリ五輪決定で会見

スポーツ

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena
会見に臨んだ石川さん(前列中央左)と関係者ら
会見に臨んだ石川さん(前列中央左)と関係者ら

 中原区在住の石川勝之さん(39)が本部長を務める公益社団法人日本ダンススポーツ連盟ブレイクダンス本部は14日、川崎区で記者会見を行った。主に一対一でダンスを披露し技を競う「ブレイキン(ブレークダンス)」の2024年パリ五輪追加種目決定を受け、トップレベルで活躍する選手らが登壇。喜びや意気込みを語った。

 石川さんは「(決定は)大変うれしく思っている。元々、スポーツではなくカルチャーとして発展してきたもの。18年のユースオリンピックを機に正式種目採用に向け、体制づくりに取り組んできた。金メダルが取れるよう強化していくとともにカルチャーとしてのブレイキン発展にも尽力したい」と決意を見せた。

 ブレイキンは若者文化、ストリートカルチャーのひとつとして川崎市内でも盛んに行われてきた。2018年には世界ユースブレイキン選手権が市内で開催され、県立百合丘高校(多摩区)出身の河合来夢さんが優勝するなど、トップクラスのダンサーを輩出している。

世界大会優勝で認識変えた

 石川さんは「ブレイキンの聖地」としても知られるJR武蔵溝ノ口駅前でストリートダンスを続け、世界大会優勝経験も持つ。現在は連盟ブレイクダンス本部長として組織の体制強化や選手育成、競技の普及に努めている。

 会見では「不良がやるものとされていたブレイキンだが、路上で練習を続け、世界に羽ばたく選手が出てきたことで認識が変わってきた」とこれまでの歴史を振り返る。

 市が掲げる若者支援の施策とも合致し、行政とともに活動する機会が増えたことにも触れ、「思い入れが強い川崎での会見は嬉しい」と思いを語った。

中原区版のトップニュース最新6

人気漫画の翻訳版、292冊

国際交流センター

人気漫画の翻訳版、292冊 文化

図書室に設置「学びの機会に」

10月22日号

中国・瀋陽(しんよう)の生徒と交流

市立橘高2年生

中国・瀋陽(しんよう)の生徒と交流 教育

友好都市40年を機に

10月22日号

現新、一騎打ちか

川崎市長選

現新、一騎打ちか 政治

10月31日投開票へ

10月15日号

図書館で原画展示

藤子ミュージアム10周年

図書館で原画展示 文化

10月15日号

区制50周年へ企画案

中原区

区制50周年へ企画案 社会

「交流を深める機会に」

10月8日号

子育てパパを主役に

街ナカアート

子育てパパを主役に 文化

参加型企画、大盛況

10月8日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook