中原区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

こすぎの大学 対等な学び重ね 100回 地域の仲間づくりを促進

コミュニティ社会

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
カードを見せ合い無言で自己紹介する参加者
カードを見せ合い無言で自己紹介する参加者

 武蔵小杉に関わる人々が自主的に学び合う「こすぎの大学」が4月9日、100回目のワークショップを開催した。8年前から月1回開かれ、これまで延べ3334人が参加。テーマごとに講師役と生徒役が入れ替わる仕組みが交流を生み、参加者同士の対等な関係を育んできた。

 「こすぎの大学」は、学びを通して多世代や地域で交流し、街の魅力発見や新たな価値創出につなげる目的で2013年にスタート。武蔵小杉に関心ある人たちが毎月第2金曜日に集まりワークショップを行ってきた。

 節目となる100回目は、オンラインと合わせて50人が参加。開催会場では、感染予防のため自己紹介カードを無言で見せあいワークショップがスタートした。登壇したのは同大学代表で、地元で老舗メガネ店を営む大坂亮志さん。経営者の視点や考え方を講義した後、これまでの同大学の活動を振り返った。100回続いた秘訣について運営側も参加者も「無理しない」方針をあげ、講師と生徒が入れ替わることで互いに学び合える「フラットな関係性」の大切さを説いた。

 区内在勤で、この日初めて参加したという矢野伸さん(34)は「会場の雰囲気が良く居心地が良かった。内輪でもなく、上下関係もなく、参加しやすい。また来たい」と話した。

 これまでに開催された人気講座は、スポンジの刀を片手に戦う「大人のチャンバラ合戦(110人参加)」や当時、川崎フロンターレのプロモーション部長だった天野春果さんを講師役に招いた回(91人参加)など。テーマごとに参加者を募るため気軽に参加できる仕組みも好評。また、「部活動」と称した課外活動には、酒を楽しむハイサワー部や父親同士が学び合うパパ部など、趣味を生かした仲間づくりにもつながっている。

 運営を担う事務局の岡本克彦さんは「多くの人に参加してほしく、入りやすくて抜けやすいことを心掛けてきた。他エリアのコミュニティ運営にも役立ててもらえるよう、ノウハウをウェブサイトで公開している。地域の仲間づくりに役立ててほしい」と話した。

中原区版のトップニュース最新6

シェアサイクル本格運用

川崎市

シェアサイクル本格運用 社会

きょうから、利便性向上へ

7月1日号

公開空地 にぎわい演出

武蔵小杉駅前

公開空地 にぎわい演出 社会

子育て7団体が「SDGs」

7月1日号

夜間に初の排水訓練

上丸子山王町

夜間に初の排水訓練 社会

市、特殊マンホールで

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 社会

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

「NO WAR」生徒ら訴え

川崎市平和館

「NO WAR」生徒ら訴え 社会

あす18日から企画展

6月17日号

新改札口、NEC隣に

横須賀線武蔵小杉駅

新改札口、NEC隣に 社会

JR北口からのルート短縮

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook