中原区版 掲載号:2021年8月20日号 エリアトップへ

区内を拠点に、ハンドボールの普及に努める 光武(みつたけ) 勉さん 上小田中在勤 41歳

掲載号:2021年8月20日号

  • LINE
  • hatena

「勝敗以外の大切さ」胸に

 ○…地元で受け継がれてきたハンドボールの輪を広げるため全精力を注ぐ。中学時代の恩師と立ち上げた教室「川崎ハンドボールアカデミー」では、児童に技術指導や人間性の成長を促し、クラブチーム化も目指す。今年4月には、保護者や関係者から寄付を募り、練習場の新城小学校に専用ゴールを寄贈した。「中原区周辺は経験者が多いし、自分を育ててくれた競技に恩返ししたくて」

 ○…少年時代は体操好きで、鉄棒の大車輪、校内でバック転などに興じた。宮内中では体操部がなかったためハンドボール部へ。顧問から「将来サーカスをやれ」と評されるほどの跳躍力と身体能力を発揮し、県選抜入りを果たすと、全国屈指の強豪・横浜商工高校に特待生として入学。インターハイで優勝、得点王にも輝いた。国士舘大を経て実業団への道も考えたが、「自ら何かをしたい」と模索し後進育成に照準。競技を通じ、津波で家を失った小学生、白血病と闘う高校生ら選手を励ます企画を行ってきた。その真摯な姿勢に、協力者は全国に広がる。

 ○…ハンドボール店を経営。元実業団選手の妻と3児の子育てにも励む中、今年4月に突如、くも膜下出血で倒れた。「家族は死を覚悟したみたい」。約1カ月の入院中、仲間から数多くの見舞いが寄せられ、周囲への感謝を再認識。白血病で他界した高校生に思いを馳せ、ドナー登録を動画で呼びかける企画も。

 ○…気掛かりなのは、「レギュラーになれないから」と好きな競技をやめてしまう子ども達。「そんな理由で諦めてほしくない。プロになれるのなんて一握り。勝ち負けだけじゃない、純粋な楽しさや仲間の大切さも伝えたい」。夢は川崎に専用アリーナを置くこと。多くの仲間と、子ども達の未来を思い描く。

中原区版の人物風土記最新6

三堀 さき子さん

中原区子ども会連合会の最年長役員で、相談役を務める

三堀 さき子さん

小杉陣屋町在住 92歳

10月22日号

時田 正枝さん

木月こどもキッチンの代表で、「オズみんなの食堂」の運営に携わった 食を軸に出会い紡ぐ

時田 正枝さん

木月在住 55歳

10月8日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月1日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook