中原区版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

多摩川 マラソンコース修復完了 台風被害から2年

社会

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena
アスファルト化された箇所
アスファルト化された箇所

 2019年秋の台風で被害を受けていた多摩川マラソンコースが先月、補修を終えた。台風で冠水した19年度中に仮修復が行われ、その後、アスファルト化とダスト舗装が進められていた。

 二子橋(高津区)から多摩川大橋(幸区)までの約10キロメートル。同区間は一昨年、令和元年東日本台風によって冠水したため、直後に土砂を撤去し仮修復として砂利を敷いていた。その後、二子橋側から順に補修が進められていた。

 補修によって、0・5〜1キロメートルごとにアスファルト化と、細かく砕いた石を敷いたダスト舗装が交互に施された。全面アスファルト化としなかった理由の一つが安全性の確保という。市の担当者は「地面が滑らかになった分、自転車も走りやすくなる。スピード超過による事故を防ぐため、交互にした」と話す。

 同区間はもともと砂のコースだったため、台風や大雨のたびに水たまりやぬかるみに悩まされていた。約30年間、同区間でランニングしているという小杉町在住の70代男性は「昔は雨の翌日などは走りにくかったが、滑らかになって良かった。気持ちよく走れている」と話す。

 同コースでは11月21日、3年ぶりに川崎国際多摩川マラソンの開催が予定されている。主催者の一つ、川崎市スポーツ協会は昨年、台風の影響で中止となった19年大会の参加料から準備費などを除いた約1785万円を修復費用として市に寄付していた。

 同協会の担当者は「今年もまだオンラインマラソンになる可能性もあるが、どちらにせよ走りやすいコースを楽しんでほしい」と話す。

中原区版のトップニュース最新6

被災の歴史、後世へ

市民ミュージアム

被災の歴史、後世へ 文化

市、新施設の「考え方」示す

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

「室内プール」で復活へ

等々力緑地再編整備

「室内プール」で復活へ 教育

ストリート系専用広場も

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

初の関東で実力示す

サッカーAC等々力

初の関東で実力示す スポーツ

「史上最強」でリーグ昇格も

11月19日号

CO2濃度、影響を検証

平間小

CO2濃度、影響を検証 社会

3者連携で実証実験

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook