中原区版 掲載号:2021年12月24日号 エリアトップへ

廃材に新たな命を与える作品づくりをしている おちを考えアイデア練る 絵描き屋みかんさん(本名:藤山 貴子) 西加瀬在住 49歳

掲載号:2021年12月24日号

  • LINE
  • hatena

 ○…きっかけは「捨てるのが面倒だったから。作品に変えれば、それはもうゴミじゃない」。作品を見た人が廃材の再利用に気づき、驚いてくれたら狙い通り。「何気なく捨てているものを、アート作品としてもう一花咲かせてあげたい」。使用済み封筒は宛名を消して切り絵の材料に、ペットボトルからはがしたラベルは光を通す素材として使うアイデアを実践。廃材を再利用し、今では「SDGsアート」と呼ぶ作品を10年以上前からつくり続けてきた。

 ○…今夏には、中原区パラリンピック聖火採火式で使用した背景パネルのデザインと作成を担当。区のマークや花をモチーフにしたリースの周りには、区民が折り紙に書いたメッセージをちりばめた。「応援しているという声がたくさん集まり、選手たちを後押しする作品になった」。春には来庁者向けに区役所館内を装飾したり、12月は「なかはら子ども未来フェスタ」の会場でワークショップも企画した。

 ○…ユニークな作家名は、中原市民館の文化イベントに初めて出品する際に考えた。「みかん」と付けたのは、振り向いたらそこにミカンがあったから。「実はミカンはあまり好きじゃない。本当はリンゴが好きだけど、名前にはしないかな」。どこかにおちをつけたがる少しあまのじゃくな性格は、あえて廃材を使った作品づくりにも表れている。

 ○…夫の助言で4年間、子育てをしながら美術大学へ通った。子どもたちに対し母親らしさはないと自認するが、高校1年の娘と中学2年の息子から「面白いお母さん」と思われていることがうれしい。2月に武蔵小杉で開催する「コスギアート ラ・ファブリカ」が、次の発表の舞台。どんな作品を見せようかとアイデアを練る。

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

宮田 明さん

朝昼晩、毎日開店している子ども食堂「じぃーじぃーず」を運営する

宮田 明さん

市ノ坪在住 60歳

5月13日号

大友 正人さん

4月1日付で中原消防署長に就任した

大友 正人さん

新丸子東在勤 54歳

5月6日号

大坪 剛志さん

中原警察署長に3月22日付けで就任した

大坪 剛志さん

中原区在住 59歳

4月22日号

板橋 茂夫さん

中原区長に4月1日付けで就任した

板橋 茂夫さん

多摩区在住 57歳

4月15日号

松本 利夫さん

ダンス&ボーカルグループ「EXILE」メンバーで川崎市市民文化大使を務める

松本 利夫さん

川崎市出身 46歳

4月8日号

田島 道男さん

戦時中に供出された半鐘が戻った安楽寺(清浄庵)の住職を務める

田島 道男さん

下小田中在住 46歳

4月1日号

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook