神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年3月1日 エリアトップへ

小杉駅前駐輪場 パラアート、 社会と接点を 区内画家ら20作品

社会

公開:2024年3月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
高さ3mのウォールパネルに展示された作品
高さ3mのウォールパネルに展示された作品

東急東横線・武蔵小杉駅南口の駅前駐輪場に2月20日、パラアートギャラリーが開設された。中原区在住の障害のある画家らによる華やかな色彩の20作品を展示。芸術で賑わいを演出し、活躍の場を提供することが狙い。

 駐輪場の3面を囲むような形で設置されたウォールパネルは高さ3m、幅約50m。「カラフル・コスギ」をテーマに、大小さまざまなパラアートが並んだ。作品は、知的障害のある人たちのアート活動を支えるNPO法人studioFLAT(幸区)が提供。地域の人との接点が持てるよう、区内在住者の作品を中心に用意した。同法人理事長の大平暁さんは「作品を通して、社会と関わりを持てることに喜びを感じている」と期待を込める。

 駐輪場を運営する三井不動産レジデンシャル(株)が協力し、都市開発事業を手掛ける小杉陣屋町の(株)原マネージメントが企画・制作を担ったこの取組み。三井不動産の担当者は、「駐輪場にアートを飾ることで、無機質な空間に新しい価値観を与えたかった」という。

 通勤で駐輪場を利用している小杉町の30代男性は「パラアートというものに触れる機会になった。明るい色合いの絵を見て、朝から元気をもらっている」と話した。

中原区版のトップニュース最新6

アート体験 視覚障害者に

岡本太郎美術館

アート体験 視覚障害者に

CF初挑戦、支援呼び掛け

4月15日

救急隊、日中に増設

中原消防署

救急隊、日中に増設

到着時間の短縮めざす

4月12日

5年ぶり重要郷土資料に

江戸時代後期「富士信仰」

5年ぶり重要郷土資料に

市ノ坪の民家で所蔵

4月12日

「産地復活へ」13本植樹

中原桃の会

「産地復活へ」13本植樹

等々力緑地前でPR

4月5日

市民の「誇り」向上

川崎市イメージ調査

市民の「誇り」向上

「来訪推奨度」は過去最高

4月5日

ブルーインパルスが飛行

川崎市制100周年

ブルーインパルスが飛行

6月29日、等々力緑地上空に

3月29日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook