神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年5月3日 エリアトップへ

着物リメイクを通して寄付活動を行う 山本 芙佐子さん 上平間在住 80歳

公開:2024年5月3日

  • X
  • LINE
  • hatena

地道にコツコツ、人のため

 ○…「不要な着物が洋服としてよみがえり、着る人に喜んでもらえ、それが支援にもつながれば」。趣味の着物リメイク品を販売して得た収益を寄付する活動を2001年から続ける。支援先はその時々で変わるが、昨年のウクライナには約10万円を寄付した。今年は紛争に巻き込まれ多くの子どもたちが負傷しているパレスチナ・ガザ地区への支援を決めた。

 ○…子どものころは内気だったが、高3のときに見た演劇に感銘を受け、地域の劇団に飛び込んだ。しかし、舞台に立つことよりも、団員を支える裏方の仕事に興味を持つように。洋裁を一から学び、衣装づくりも見よう見まねで覚えた。「昔から物をつくることが得意だったから楽しかった」と振り返る。

 ○…平間で子ども食堂を開く活動はもうすぐ10年。月に一度、子どもたちに無料で昼食を振る舞う。「劇団にいたころは30人分の食事を任されていたから、料理を作ることはまったく苦にならない」とほほ笑む。近隣にある平間小で行われている貧困家庭や共働き家庭の児童などへ朝食を提供する取り組みにも、「ひらまこども食堂」として費用負担や食料支援などで協力。「格差が広がり、親の仕事や経済的な事情で児童の食事がおろそかになってはいけない」という思いで、子どもたちを見守り続ける。

 ○…二男一女を育て上げ、今の楽しみは4人の孫の成長。今年小学校に入学した一番下の孫と過ごす時間は「人生最後のご褒美」というほど至福のひとときだ。「ミシンや編み物など、何にでも興味を持つから教えるのが楽しい」。能登半島地震の後、夫と石川県を旅行し、液状化現象などを目の当たりにした。「大きなことはできないけど、自分にできることがあれば力になりたい」

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

小山 正見(おやま まさみ)さん

趣味の「俳句フォト」の魅力を伝えるイベントを、あす6月15日に開催する

小山 正見(おやま まさみ)さん

木月在住 76歳

6月14日

森 勝利さん

川崎野球協会の会長を務める

森 勝利さん

幸区在住 80歳

6月7日

斎藤 優貴さん

数々の国際ギターコンクールで優勝し、世界を舞台に活躍するギタリスト

斎藤 優貴さん

川崎市出身 26歳

5月31日

脇本 靖子さん

川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」の館長に就任した

脇本 靖子さん

市内在住 44歳

5月24日

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物―川崎市誕生ものがたり―』で主役を演じる

高橋 宏和さん

多摩区在住 52歳

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook