麻生区版

万福寺人参で特別レシピ

区役所食堂 一日限定メニュー登場

掲載号:2011年1月28日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
万福寺人参のポタージュとうま煮を持つ従業員
万福寺人参のポタージュとうま煮を持つ従業員

 健全な食生活を広める食育推進の取り組みとして、今月19日、麻生区役所のレストランあさおで地場産野菜を使った特別メニューが登場した。区内古沢で採れた万福寺人参を使ったメニューを目当てに多くの人で賑った。

 この取り組みは昨年6月から同区役所企画課が進めている。「食育の日」に定められている毎月19日に、同レストランのシェフが地場産野菜を用いた特別レシピを考案。レストランの利用者らに一日限定メニューとして提供している。

 同レストランのシェフによると、「平日は約70食が出るが、特別メニューの日には約1割増しで利用者が増える」と話す。当日は136食が提供され、区役所職員や近隣住民らが舌鼓を打った。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク