麻生区版

野球少年に"元気の源"

森永製菓(株)がウイダーinゼリー寄贈

掲載号:2011年3月11日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三浦会長(右)から商品を受け取る吉水清事務局長(左)
三浦会長(右)から商品を受け取る吉水清事務局長(左)

 森永製菓株式会社が川崎市少年野球連盟(三浦雅昭会長)に「ウイダーinゼリー」3600個を寄贈。同連盟が先月27日、下沼部小学校(中原区)で市内の少年野球チームに商品を配布した。

 森永製菓株式会社は昨年から同連盟に協賛。野球に励む少年少女をサポートしている。スポーツを通じて子どもたちの健全な心や体を応援するための地域貢献活動として、昨年も同様の寄贈を行っている。

 麻生区少年野球連盟の代表として商品を受けとった吉水清事務局長は「非常にありがたい。(野球の指導は)みんなボランティアで活動しているのでこの応援はとても励みになる」と感謝を述べた。

 麻生区少年野球連盟には14の野球チームが所属。配布された商品は、同区の春季大会で選手一人ひとりに配布された。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク