麻生区版

道路照明を間引き消灯

市内10幹線道路で

掲載号:2011年4月15日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 川崎市では東日本大震災の影響による電力不足の対策として、先月下旬から市内幹線道路の道路照明を間引き消灯している。

 対象路線は県道扇町川崎停車場、一般国道409号、県道世田谷町田、県道川崎府中、県道鶴見溝ノ口、県道上麻生連光寺、市道幸多摩線、市道川崎駅丸子線、市道鹿島田菅線、市道尻手黒川線の10路線。

 設置されている照明灯総数約3000基のうち、交差点や横断歩道、大きなカーブなど交通安全上必要と思われる箇所を除き、約900基を順次間引き消灯する。交通状況等により変更となる場合もあるが、計画停電が解除されるまで実施する予定だという。

 問い合わせは市建設緑政局道路施設課(【電話】044・200・2818)へ。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク