麻生区版

川崎から新生アンネ

多摩区在住の23歳

掲載号:2011年4月22日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アンネ役発表の瞬間
アンネ役発表の瞬間

 劇団民藝(川崎市麻生区黒川)が7月から上演する「アンネの日記」のアンネ・フランク役が、一般公募のオーディションで、川崎市多摩区在住の八木橋里紗さん(23)に決定した。八木橋さんの豊かな感性と演技への真摯な姿勢が決め手となったという。アンネの恋人ペーター役には新人の本廣真吾さん(25)が抜擢された。

 「アンネの日記」は同劇団の名物公演として、1956年から演じられており、長い歴史を持つ。数々の名女優らを輩出しており、役者を志す若者らの登竜門としても知られる。

 今回のオーディションでは、特別審査員として大滝秀治さんや奈良岡朋子さんが参加したほか、過去にアンネを演じた日色ともゑさんや桜井明美さんらも会場の川崎市アートセンターに駆けつけ、経過を見守った。

 「アンネの日記」川崎公演は7月21日(木)から、川崎市アートセンターのアルテリオ小劇場で公演予定。同時に「アンネ・フランクの生涯」展も同センターで7月中旬から開催される。

■劇団民藝

【電話】044(987)7711
 

八木橋里紗さん
八木橋里紗さん

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第144回 シリーズ「麻生の歴史を探る」入会地騒動 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「町田市史」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    2月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク