麻生区版 掲載号:2011年9月30日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市秋季市民柔道大会で9人の優秀賞受賞者を輩出した「嶺心会」を主宰する 小川伸弘さん 岡上在住 38歳

「柔道一筋」の精神伝える

 ○…市内の柔道愛好家が技を競う「川崎市秋季市民柔道大会」で9人の優秀賞受賞者を輩出した。柔道道場「嶺心会(れいしんかい)」を立ち上げて早7年。最初は5人ほどだった生徒も、45人の大所帯に。「子どもだった一期生がいまや大人になり、教える側になっている」と満足げに微笑む。

 ○…1972年東京生まれ。わんぱくな少年時代を過ごし、祖母の勧めで小学校3年生の時に柔道を始める。当初は剣道に憧れていたが、「防具が高い」という理由で柔道を習い始めることに。「気付いたら柔道に夢中になっていた。辛いと思ったことは殆どないかもしれない」。わずか3年後には全日本大会に副将として出場するなど、輝かしい成績を残した。中学校でも柔道を続け、藤嶺藤沢高校にスポーツ推薦で進学。1年生の時にヘルニアで腰を痛め、医者に「もう柔道は出来ないだろう」と宣告された。「ものすごいショックだった」。高校卒業後は家業を継ぐも、柔道への熱が冷めず道場に復帰。27歳の時に独立し、嶺心会の代表となった。

 ○…妻と二人の息子を家族にもつ。「妻とも柔道が縁で出会った。義父も柔道家」。息子2人も柔道を始め、正真正銘の「柔道一家」となった。「妻はなんだかんだと言いながら、裏方の仕事を殆どやってくれている。感謝してもしきれない」と目を細める。週末の楽しみは仲間との食事。「バーベキューなども積極的に開催し、皆とのコミュニケーションをもつようにしている。特に試合後の食事は格別」

 ○…主宰する嶺心会は毎年のように県の強化選手を輩出する道場になったが、いまだその野望は衰えない。「ここにいる生徒たちを、多くの人を元気付けられるような、みなが知る有名な選手に育てたい」と目を輝かせる。自らの経験から、子どものケガには細心の注意を払うようにしている。「自分と同じ気持ちを味わわせたくないから」。威厳に満ちた横顔も、時折優しい「父」の顔を覗かせる。
 

麻生区版の人物風土記最新6件

多田 貴栄さん

4月1日付けで麻生区長に就任した

多田 貴栄さん

4月13日号

徳永 友一さん

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛けた

徳永 友一さん

3月23日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月16日号

鈴木 孝之さん

麻生区少年野球連盟の会長を務める

鈴木 孝之さん

3月9日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク