麻生区版 掲載号:2011年12月23日号
  • googleplus
  • LINE

禅寺丸柿ワイン ひと月早めにお目見え 贈答用に人気集まる

 「禅寺丸柿」を使ったワインの販売が今月13日、区内の各店舗で始まった。帰省時期の贈り物にしたいという声を受け、今年は例年より3週間程早く販売を開始。台風などの影響で昨年と比べ出荷本数は減少したが、地元の名産品を求める人で早くも売れ行きは好調だ。

 日本古来の甘柿とされる禅寺丸柿は麻生区原産。「柿生」という地名の由来にもなり、地元では保存活動が盛んだ。「かわさき柿ワイン禅寺丸」は、地元名産の柿を使った郷土の名物をつくりたいと、柿生禅寺丸柿保存会のメンバーらが試作を重ね、平成9年から販売が始まった。

 毎年1月に販売していたが、購入者から「地域の名物を帰省などの贈答用に利用したい」などの声が寄せられたことから、今年はひと月早い販売開始に踏み切った。

台風の影響で出荷量は少なめ

 例年4千〜5千本が出荷されるが、今年は台風や天候不順の影響で柿の集荷量が減ったため、約3千600本の販売になった。

 区内最多の700本を扱うJA直売所「セレサモス」(黒川172)では13日の販売開始日に店頭販売したところ、1日で50本が売れたという。桐生榮子店長によると「売れ行きは好調。お正月のおみやげに購入する人が多い」と話していた。

 禅寺丸柿は次郎柿や富有柿などと比べ、こぶりで種が大きいのが特徴。醸造すると甘みが非常に強く、フルーティーな味わいになる。女性に好まれているのもそのためだという。

 同保存会の森章会長は「地元で長年愛されてきた禅寺丸柿を多くの人に味わってもらえる絶好の機会。今年はお土産として一足早く購入できるので、ぜひ多くの人に味わって欲しい」と話している。

 ワインは1本(720ミリリットル)1390円。セレサモスのほか、市内酒店などで販売されている。 問い合わせはJAセレサ川崎広報課【電話】044(877)2964へ。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

新栽培アスパラが初出荷

商業地 堅調に上昇

麻生区公示地価

商業地 堅調に上昇

4月13日号

新百合など4駅で整備

自転車安全対策

新百合など4駅で整備

4月6日号

25年の歴史に幕

市民主催フリマ

25年の歴史に幕

4月6日号

合同チームで全国V

ネオホッケー麻生・多摩

合同チームで全国V

3月30日号

1年で登録数300超

市民活動団体検索サイト

1年で登録数300超

3月30日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク