麻生区版 掲載号:2012年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

トピックス 「貧困撲滅の仕組み作りを」 WEショップあさお

地域の輪が広がる拠点としての役割も
地域の輪が広がる拠点としての役割も

 市民から寄せられた「まだ使えるけれどもう使わない」衣料品や雑貨の寄付を募り、販売しているNPO法人「WE21ジャパン」。リユースによる環境保護と、売り上げから必要経費を引いた収益をアジア各国に寄付を行い、貧困の根絶や女性の自立支援と生活向上に寄与してきた。

 1998年に厚木から始まった活動は徐々に輪を広げ、現在県内に56店舗を構えるまでになった。収益は現金のまま寄付せず、自立した生活ができる仕組みづくりを行っている。

 区内万福寺に店舗ができたのは02年。「開店当初は一日の売り上げが数千円なんてこともあった。今では多くの地域の方が支えてくれている」と話すのは同店のマネージャー、今野啓子さん。スタッフの大半はボランティアで構成されている。「職場というよりは、仲間たちとのつどいの場。のんびりと、お客さんとおしゃべりをしながら楽しんでいます」と同店のボランティアは話す。今年で80歳になるが、週に1回、同店に通っている。「皆さんがお金と品物を、私たちは労働力を提供する。皆さんの協力で運営し、これからも少しずつ役立っていきたい」

 WEショップあさおでは店舗ごとに独自のキャンペーンも実施。WEショップあさおでは今月20日(月)から着物フェアを実施するという。

 イベントやボランティアに関する問い合わせは同店(【電話】044・954・1348)まで。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

「加入者減」課題を共有

市子連

「加入者減」課題を共有

4月13日号

防犯アプリの配信開始

川崎市

防犯アプリの配信開始

4月13日号

藤嶋昭氏が講演

藤嶋昭氏が講演

4月13日号

衛生士会と連携を確認

県歯科医師会

衛生士会と連携を確認

4月13日号

中原区で特養開設へ

白山福祉会

中原区で特養開設へ

4月13日号

市民館で将棋の対局

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク