麻生区版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

郷土の芸能、華を競う 麻生市民館で発表会

県指定文化財の「新城の囃子曲持」(昨年)
県指定文化財の「新城の囃子曲持」(昨年)

 市内各地に伝わる民俗芸能を保存する11団体と招致団体が日頃の成果を発表する「第34回川崎市民俗芸能発表会」が来月4日(日)麻生市民館大ホールで開催される。時間は午前10時から午後4時で、開場は30分前。入場無料。川崎市民俗芸能保存協会と市の教育委員会が主催する。

 同発表会は毎年この時期に市内各所で開催されている恒例行事。区内での開催は12年ぶりとなる。

 参加団体は以下の通り。宮内祭囃子保存会/五反田節保存会/千年神社囃子保存会/登戸古民謡保存会/有馬大正踊り八木節保存会/神地祭囃子保存会/土橋万作踊り保存会/市場神代郷神楽萩原諄夫社中(招待団体)/大師古民謡保存会/諏訪神社祭囃子保存会/初山獅子舞保存会/新城郷土芸能囃子曲持保存会(敬称略)

 市の教育委員会は「多彩で郷土色豊かな川崎市内の各団体が一堂に会する貴重な機会、是非来場を」と市民に呼びかけている。

 問い合わせは教育委員会文化財課(【電話】044・200・3305)まで。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク