麻生区版 掲載号:2012年3月23日号
  • googleplus
  • LINE

「下麻生バドミントンクラブ」の監督を務める 清水 義哲さん 王禅寺東在住 51歳

仲間と共に豊かな成長を

 ○…東柿生小の体育館で小学生にバドミントンの指導を行う。県内屈指の強豪として名高い柿生中学校のバドミントン部にも多くの教え子を送り出した。インターハイに出場するほどの選手も名を連ねる。早い時期に正しい身体の動かし方を身に付けてもらおうと、練習では徹底して基礎にこだわる。「何度も注意することで悪い癖がなくなる。厳しく指導するのも生徒への愛情表現」

 ○…昭和36年、新潟県生まれ。今でこそ名監督として活躍するも、バドミントンの経験はごくわずか。平成7年に長女がバドミントンの試合で負けて悔し涙を流したのを機に、「泣くぐらいなら教えてやる」と決意し、コーチとしてクラブに携わるようになった。数々の指導書を読み、辿りついたのが基礎の習得だった。「子どもは周囲の子が上手くなると自分も上手になろうと競い合う。基礎がクリアできた時にしっかり褒めることで児童の大きな成長にもつながる」

 ○…自動車の運転が趣味のひとつ。チームが全国大会に出場するたびに選手と保護者を乗せ、広島県や香川県、宮城県の会場まで長距離ドライブに出掛ける。移動中の車内で試合に向け、話し合うのが何よりの楽しみだ。「選手の本音は車内の方が分かりやすい。練習で上手く指導できたと思っても車内で交わす言葉の端々から意外と伝わっていないことが分かることがある。車内での会話は選手の本音について考えるいい勉強の機会」と話す。

 ○…来年度はチーム名を「柿生ジュニアバドミントンクラブ」に変更して活動する。部員の減少に歯止めをかけようと、メンバーを募集する地域を広げた。新たなチームでの目標は全国大会への出場。「全国大会は団体戦で臨む。チームで戦う意味、スポーツで仲間を思いやり、勝利する喜びを味わってもらいたい」。バドミントンを通じ、人生における様々な教えを伝えようと子どもたちを激励する。
 

麻生区版の人物風土記最新6件

多田 貴栄さん

4月1日付けで麻生区長に就任した

多田 貴栄さん

4月13日号

徳永 友一さん

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛けた

徳永 友一さん

3月23日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月16日号

鈴木 孝之さん

麻生区少年野球連盟の会長を務める

鈴木 孝之さん

3月9日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク