麻生区版 掲載号:2012年4月27日号
  • googleplus
  • LINE

伝承の裏に麻生の教訓 「河童の詫び証文」

現在は護岸工事が行われている
現在は護岸工事が行われている

 区内上麻生地域では、麻生川沿いを中心に、「河童の詫び証文」と呼ばれる昔話が、地域の人々の間で代々語り継がれている。

 この昔話は全国各地に点在しているが、地域により少しずつ内容が異なる。

 麻生に伝わる「河童の詫び証文」は、1963年に川崎新聞社から発行された「川崎風土記」(伊藤葦天著)に記されている。同書によると、「麻生川で1匹の河童が馬を川に引きずり込もうしていると、常安寺(区内上麻生)の和尚が通りかかり、河童を叱咤した。河童は深く反省し、その証にと、手形つきの詫び証文を書いた」とされている。

 また、和尚が「これからは人や馬の代わりに、腹が減ったら麻の実を食べるように」と言ったとされ、当時の柿生地区には「麻生」の地名の由来になった麻が茂っていたことが伺える。

 この詫び証文は、常安寺にあるとされているが、現存はしない。同寺の住職は「残念ながら現在、証文と思われる物は残っていない。河童に纏わる文献なども伝わっておらず、地域の方の口承のみで伝説が成り立っており、不思議だ」と首を傾ける。また「昔、麻生川は暴れ川として有名だったと聞いている。曲がりくねり、視界の悪い箇所も多い。むやみに近づくと危険だという教訓を伝えようと、河童に尻子玉を抜かれるから気をつけなさい、と伝えたのでは」と話している。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク