麻生区版 掲載号:2012年7月20日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市 ツイッターで魅力発信 各局区も運用検討

7月11日から「つぶやき」が始まった川崎市シティセールスのツイッターページ
7月11日から「つぶやき」が始まった川崎市シティセールスのツイッターページ

 川崎市広報室がシティセールスの取組みとして、ソーシャルメディアの「ツイッター」を使った情報発信を今月11日から開始した。140文字以内の短文によってイベントや季節の情報をタイムリーに配信することで、イメージアップや集客に繋げたい考えだ。

 インターネット投稿サイトに140文字以内の短文を「つぶやく」ツイッターは、2006年に米国で誕生。08年には日本語版が始まり、新たなコミュニケーションツールとして浸透。一般市民はもちろん、芸能人や著名人など多くの人たちがつぶやいている。

 自治体でも行政情報の広報や地元PR、地域住民や全国の人々とのコミュニケーションを通じて魅力づくりに役立てている活用例も数多い。横浜市では昨年から導入し、市全体の広報ほか、各区や部局など幅広く活用している。同市市民局広報課によると「月1回の広報と違って、イベント情報などをタイムリーに出せるのは大きい。災害情報のアカウントはフォロワー(登録者数)が3万人を超えるなど関心も高い」といい、今後、全区役所でアカウントを持つことも考えている。

 川崎市では、昨年度末からツイッターをはじめとするソーシャルメディア導入の検討を開始。6月に職員向けのガイドラインとツイッターアカウント運用ルールを策定し、今月11日から市民こども局シティセールス・広報室が「kawasaki_pr」というアカウント名で「つぶやき」を始めた。13日にはTVKで現在放送中の市情報番組「LOVEかわさき」の市内での中継日時を投稿。16日午前には、この日午後都内で行われる都市対抗野球に出場する市代表(東芝野球部)の応援を呼びかけるなど、タイムリーな情報を投稿している。16日現在のフォロワーは147人。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

新栽培アスパラが初出荷

商業地 堅調に上昇

麻生区公示地価

商業地 堅調に上昇

4月13日号

新百合など4駅で整備

自転車安全対策

新百合など4駅で整備

4月6日号

25年の歴史に幕

市民主催フリマ

25年の歴史に幕

4月6日号

合同チームで全国V

ネオホッケー麻生・多摩

合同チームで全国V

3月30日号

1年で登録数300超

市民活動団体検索サイト

1年で登録数300超

3月30日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク