麻生区版 掲載号:2012年10月26日号
  • googleplus
  • LINE

シビアな現実、笑いで描く 話題作「39窃盗団」を上映

明るくて温かい物語
明るくて温かい物語
 川崎市アートセンターが11月17日から、映画「39(サンキュー)窃盗団」を上映する。この作品は同館の5周年を記念して上映される。

 映画を撮った押田興将監督(=人物風土記=)は町田市玉川学園在住。ダウン症の実弟・清剛さんを主役に、「障害」というテーマをユーモラスな視点で描いた。

 兄と弟が結成した窃盗団が、様々な事件を起こす。撮影は新百合ヶ丘駅周辺などで行われた。キャストは『悪人』の山田キヌヲ、『白夜行』の斎藤歩、品川徹、ベンガル、内田春菊など。

 音楽は数多くの映画音楽を手がける世界的なターンテーブル奏者でギタリストの大友良英。

 11月17日から23日(19日は休映)は、午後2時半からと午後7時半からの上映。18日は午後2時半からの回のみの上映となる。終映日は未定。

 一般1500円、学生1300円、シニア1000円、高校生以下800円。前売りは800円。チケットは川崎市アートセンター(新百合ヶ丘駅北口徒歩3分)で販売中。初日は舞台挨拶を予定している。

 詳細は同館(【電話】044・955・0107)へ。

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク