麻生区版 掲載号:2012年11月23日号
  • googleplus
  • LINE

ごみ減量、ランチでPR 再生肥料で育てた野菜献立に

「里芋のなめらかさがいい」と瀧峠区長
「里芋のなめらかさがいい」と瀧峠区長

 麻生区役所4階にあるレストランあさおで19日、生ごみ再生肥料で育てた里芋を使った特別ランチ「あさおスペシャルランチ」が1日限定で販売された。

 この取り組みは、麻生区が生ごみの減量化と食育を呼びかけようと実施している。09年に区民会議環境部会などが中心となって始めたがその後休止され、今年6月に復活した。毎月19日を「食育の日」とし、区内の農家などの協力を受け実施している。

 同レストランなどで出た生ごみを東京農業大学で再生肥料化し区内農家が育てた野菜は、「味が濃く、甘い」と口コミで広がっているという。

 区担当者は、「作物の収穫時期や収穫量を読む難しさはあるが今後も実施したい」と話す。旬の食材をベストなタイミングで提供することにこだわっているという。そのため、毎月19日の実施ができない時もあるが、農家などと連携しながらできるだけ機会を増やしていきたい考えだ。

 メニューは同レストランのシェフたちが素材の美味しさを充分に引き出すことをテーマに考える。今回のスペシャルランチでは、里芋のなめらかな粘りと、本来持つ香りを引き立たせるメニューとしてコロッケが考案された。この日のメニューは里芋ミートコロッケ、キャベツ、味噌汁、ごはんなど。ワンコイン500円で提供した。3回ほど丁寧に裏ごしされた里芋は口に含むととろけるようで、昼食に訪れた瀧峠雅介区長も「これは美味しい。素材の味がいきている」と嬉しそうに味わった。

 里芋コロッケの作り方はレシピとして配布された。区ではこうした工夫をすることで、自宅でも献立に挑戦してもらえればと考えている。「食育の取り組みとしてはもちろんだが、料理をきっかけに、生ごみ再生肥料についても興味を持ってもらいたい。楽しみながらごみ減量を考えてもらえれば」と話している。

 今後の実施予定は麻生区のホームページなどで随時告知する。
 

麻生区版のコラム最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク