麻生区版 掲載号:2013年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川科学技術アカデミーの講演会で講師を務めた元宇宙飛行士 山崎 直子さん 県内在住 42歳

追い続ける、宇宙への夢

 ○…「宇宙での生活は、無重力状態そのものが面白い。宇宙船から見る地球は、とても美しくて見飽きることがありませんでした」。2月28日、神奈川科学技術アカデミー(高津区)主催の講演会で、宇宙開発と今後のものづくりについて講話。10日間を過ごした国際宇宙ステーション(ISS)での生活など、次々語られる「宇宙体験談」が多くの聴衆を魅了した。

 ○…2010年4月からISSに滞在し、ロボットアームでの物資補給など重要任務に従事した。船内の公用語は英語だが、先に搭乗していた野口聡一さんとは「『おはようございます』などと、日本語も使えて嬉しかった」と笑顔で語る。秒速約8キロ(時速約2万8000キロ)で飛行するISS。90分で地球を1周し「日に16回、日の出と日の入りが見られました」。大量の物資管理には手を焼いたが、乗組員との会食や、休日にチェスやインターネット中継に興じる仲間との交流など、楽しみが尽きない宇宙生活だった。

 ○…千葉県松戸市生まれ。学校の先生になるのを夢見る少女だった。地元のプラネタリウムで見た星空や、アニメ「宇宙戦艦ヤマト」に胸を打たれ、次第に壮大な宇宙へと心惹かれていった。「最初は宇宙船を造ってみたいと思っていた」という。東京大学などを経て、現在の宇宙航空研究開発機構(JAXA)に勤務。2度にわたる受験で宇宙飛行士候補者に選抜され、11年がかりで憧れ続けた宇宙に飛び立った。11年にJAXAを退職後、昨年7月、内閣府の宇宙政策委員に就任。現在は宇宙の専門家として、宇宙開発の重要事項の調査、審議などに携わる。

 ○…JAXAの研究所が相模原市にあるなど「神奈川県はなじみ深い場所です」。いつか「家族と宇宙旅行に行きたい」と笑顔を見せる元宇宙飛行士の夢は「月で寺子屋を開くこと」。学校の先生に憧れた少女時代の夢を、月面で果たす日を心に描いている。

麻生区版の人物風土記最新6件

徳永 友一さん

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛けた

徳永 友一さん

3月23日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月16日号

鈴木 孝之さん

麻生区少年野球連盟の会長を務める

鈴木 孝之さん

3月9日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

俵(たわら) 隆典さん

「百合ヶ丘こども食堂」を運営するNPO法人アイゼンなどで活動する

俵(たわら) 隆典さん

2月9日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人気トリオが

アルテリッカしんゆり

人気トリオが"愛"を演奏

4月30日~4月30日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.03最適な治療とは…(2)海外との意識の違い

    3月30日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク