麻生区版 掲載号:2014年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

地域医療連携 医療機関の機能分担と連携が不可欠 〜平成25年川崎市議会第四回定例会の一般質問より〜川崎市議会議員 山崎 なおふみ

 昨年11月29日〜12月25日の会期で川崎市議会第四回定例会が開催されました。

 今回の定例会における一般質問では被災地への職員の派遣状況や横浜市営地下鉄3号線の延伸、また、医療機関相互の機能分担と連携に向けた取り組み等について質問を致しました。

 地域医療の担い手となる病院、診療所にはそれぞれの機能や特性があり、地域の医療水準を高めていく為には医療機関の機能分担と連携を推進することが不可欠となります。

 現在、本市には市が直営で運営する市立川崎病院(川崎区)と市立井田病院(中原区)、聖マリアンナ医大を指定管理者とする市立多摩病院(多摩区)があります。中でも南部地域において基幹的役割を果たす市立川崎病院は、同規模の病院と比較しても外来患者数は圧倒的に多く、医師をはじめ医療従事者の疲弊を招くとともに救急医療にも支障を来しかねない深刻な状況にあります。

 「3時間待ちの3分診療」と皮肉交じりに語られるわが国の医療現場は地元の町医者よりも大病院志向が根強く、実際の患者対応は町医者で十分ということも少なくありません。地域の診療所と中核病院が機能分担を図りつつ、比較的軽症で症状の安定した患者は地域のかかりつけ医等へ逆紹介するなどの地域連携の取り組みが期待されています。国においても、かかりつけ医を支援し、後方病院としての役割を担う「地域医療支援病院」制度が推進されており、本市においても市立多摩病院が承認されましたが、残りの直営2病院における今後の対応について質問をするとともに、その実現の為にも地域医療のあり方を協議・検討する機会の確保を求めました。

山崎なおふみ

麻生区高石5-18-5

TEL:044-966-4192

http://homepage3.nifty.com/naofumi_yamazaki/

暑中お見舞い申し上げます

リフォーム工房 アントレ

麻生区での施工にこだわり13年目。大切なご自宅のリフォームはお任せを。

http://entrez.jp/

地域と共に歩む

知的障害者施設の職員(生活支援員・グループホーム世話人)を募集中

http://www.seiwa-gakuen.jp

お参りは柿生の金比羅様へ

いつでも、どなたでも気軽にお参りできるそれが、バリアフリーの琴平神社

http://kotohirajinja.com/

公益社団法人 川崎西法人会

税のオピニオンリーダーとして地域に密着し、会員企業・一般向けの研修会を実施

https://www.kawasakinishihojinkai.or.jp

かわさき産業親善大使 神崎順

芸術の街・しんゆりに生まれた夢のレビューを皆様と

http://www.esp-revue.com/

株式会社カジノヤ

味にこだわり、心を込めた納豆づくり

http://www.kajinoya.co.jp/

たま日吉台病院では職員募集中!

看護師や介護食の方、「たま日吉台病院」へお気軽にお問合せ下さい

http://tamahiyoshi.or.jp/recruit/index.html

麻生交通安全協会

飲酒運転根絶ハンドルキーパー運動を推進

http://www.police.pref.kanagawa.jp/ps/49ps/49_idx.htm

麻生区拠点に全国へ「劇団民藝」

奈良岡朋子出演「黒い雨」は7・31新宿、8・2池袋などで公演

http://www.gekidanmingei.co.jp/

川崎麻生ロータリークラブ

2018~2019年度会長方針「会員間の友情と輪」

http://www.asaorc.net/

よみうりランド

プールWAI 大好評営業中!

http://www.yomiuriland.com/

森のようなバラ園

春と秋のバラフェアに今年もご期待ください。 朗読・群読サロンの受講生募集中。

https://blogs.yahoo.co.jp/roseokagami

正伝流空手道 中村道場

稲城市、麻生区新百合ヶ丘、栗平近くの、強さとやさしさ育む空手教室

http://www.seidenryu.jp/

<PR>

麻生区版の意見広告・議会報告最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の野外上映会

恒例の野外上映会

8月25日に麻生小で

8月25日~8月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク