麻生区版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

ヨネッティー王禅寺 改修工事で10月から休館 来年3月まで 老朽に対応

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena
大規模改修を行うヨネッティー王禅寺
大規模改修を行うヨネッティー王禅寺

 川崎市は、王禅寺余熱利用市民施設「ヨネッティー王禅寺」(王禅寺1321番地)の大規模改修工事を10月から来年3月まで実施するとこのほど発表した。老朽化に対応するためで期間中は全館休館となる。

 ヨネッティー王禅寺は、1990年に開館。隣接するごみ焼却施設王禅寺処理センターの余熱を使用した温水プールやトレーニングルーム、老人休養施設のほか、会議室、レクリエーションルームを完備。工事期間中はこれらの全ての設備が利用できなくなる。

 今回の大規模改修工事は、開館から20年以上が経過し、建物や各設備の老朽化が進んでいることから行われる。市によると、今年度から3か年の比較的利用者の少ない時期に実施するとしており、今年度は10月から3月まで。屋根の改修や消防設備、照明などの電気設備が対象。2015年度は外壁、空調などで16年度はプールの改修、内装、給排水設備の改修を行う。改修後はプール屋根の防水性・耐水性の向上や会議室などのLED化が図られる。

長期間休館は初

 11年度には王禅寺処理センターの建替えにより、4カ月間温水プールが利用できない時期があったが、大規模改修に伴う長期間の休館は開館以来初となる。施設内で開かれていたカルチャー教室も一時休止となることから市では、休館中の対応として多摩スポーツセンターや川崎市民プラザ、各スポーツセンターなどの市が運営する類似施設の利用を案内している。

 市の担当者は「利用者の方々には大変ご迷惑をおかけしますが、施設をご利用の際の安全・安心のために必要な工事となりますので、ご理解頂きたい」と話している。

 改修工事に関する問い合わせは、市環境局生活環境部減量推進課(【電話】044・200・2579)へ。

麻生区版のトップニュース最新6

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

麻生に残る牛の歴史

丑年企画

麻生に残る牛の歴史 文化

蘇を作り朝廷へ

1月1日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク