麻生区版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

(株)ナノエッグ 新美白化粧品を発表 安全性と効果を両立

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena
パッケージも一新
パッケージも一新

 医の技術から女性の美しさを支える聖マリアンナ医科大学発のベンチャー企業、(株)ナノエッグ(区内菅生・山口葉子社長)は13日、都内で記者会見を開き、美白化粧品「マリアンナブライトニングライン」の大幅リニューアルを発表した。リニューアルした新商品は「NEWブライトニングライン」として26日から発売を開始する。

 同商品は同社が新たに提案する、人間が本来持つ成分を使用することで安全性と効果を両立させた「バイオジェニック化粧品」の新商品。パッケージも一新し、成分・効能を明記することで医大発のナノエッグブランドを強調した。

 シミやくすみの原因となるメラニン色素は活性酸素によって生成される。人間は本来、活性酸素抑制成分である「グルタチオン」や「安定型ビタミンC」、「アセチルシステイン」を持ち合わせているが、これらは加齢に伴い減少していくという。今回の「NEWブライトニングライン」ではこの抑制成分を、同社独自の浸透技術『ナノキューブ』を使って肌の奥まで浸透させ、透明感ある肌へ導いていくという。

 同社の山口葉子社長は「安全で、高い効果が得られるものをずっと作りたかった。安心して使っていただけるものを、自信をもって発表できた」と笑顔で語っていた。

 同社は06年4月に設立。化粧品に対して医療の分野からアプローチし、ヒット商品を生み出している。

麻生区版のローカルニュース最新6

弥生の麻生まっ白に

弥生の麻生まっ白に 社会

満開のサクラもブルブル

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

地元の宝守ろう

地元の宝守ろう 社会

 町内会 麻生川沿いで清掃

4月3日号

市、イベント自粛を解除

市、イベント自粛を解除 社会

4月以降は「主催者判断」

3月27日号

災害時営業ひと目で判断

市薬剤師会

災害時営業ひと目で判断 社会

開局中イエローフラッグ

3月27日号

「街に溶けこむ施設に」

片平地域包括支援センター

「街に溶けこむ施設に」 社会

4月1日 栗平駅前に移転

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク