麻生区版 掲載号:2014年7月18日号 エリアトップへ

川崎白百合ライオンズクラブの会長を務める 井上 俊夫さん 王禅寺東在住 65歳

掲載号:2014年7月18日号

  • LINE
  • hatena

一生勉強、常にチャレンジャー

 ○…今年のテーマを「思いやりと感謝」に決めた。「年々、会員が減少していることからライオンズ活動を原点に戻って見つめ直したいという思いがあった」。楽しい活動が基本にあり、その上で魅力ある活動・クラブにしていきたいと考える。「そのためにはメンバーへの思いやりや地域に対しての感謝を忘れてはいけない」。この思いを胸に会長職にチャレンジしていく。

 ○…王禅寺東に生まれ育った。向の岡工業に通っていた高校生時代、2000GTなどのスポーツカーに「かっこよくて憧れた」。大学では自動車工学を研究。就職先には自動車を開発・設計する会社を選びクラウンやカムリなどの開発に携わった。「自分が設計した自動車で世界中の人々が喜んでくれるのが嬉しかった」。一方で、働きながら知識を増やしたいとアマチュア無線技師や職業訓練指導員などの資格を取得。座右の銘である「一生勉強、常にチャレンジャー」を実践してきた。

 ○…03年に独立し「井上電設」を立ち上げた。起業の理由は「学生時代、電子・電気が苦手で克服したかったから」。サラリーマンとして働いていた時に、知り合いに頼み技術を習得。電気工事士の資格も取り、「地元麻生区」に事務所を構えた。「サラリーマン時代は麻生以外で仕事をすることがほとんどだった。地元で働けるのは嬉しい」

 ○…ライオンズには5年前に入会。柿生中学の同級生に誘われたことがきっかけ。「生まれ育った地域に何か恩返しがしたいと」。14日には麻生高生に対して薬物乱用防止を訴える授業を実施。年5回の献血活動では多くの人が協力してくれることが活動の喜びに繋がっている。地域活動はライオンズにとどまらず、町内会長や保護司を担い、真福寺小学校の児童には稲作指導を25年続けている。全ては「地域への感謝の思い」から。町内会長、保護司に加えライオンズの新会長として常にチャレンジし続ける。

麻生区版の人物風土記最新6

石井 よし子さん

22日開催の「里山フォーラムin麻生」で事務局長を務める

石井 よし子さん

下麻生在住 70歳

2月21日号

井上 聰一(そういち)さん

2019(令和元)年度の川崎市自治功労者に選ばれた

井上 聰一(そういち)さん

下麻生在住 74歳

2月14日号

藤本 加奈さん

麻生市民館で2月15日に開催する「空と、木の実と。」の上映会を企画する

藤本 加奈さん

白鳥在住 34歳

2月7日号

山内(やまのうち) 楓子さん

麻生消防団員で、総務省消防庁の消防団入団促進PRに出演する

山内(やまのうち) 楓子さん

東百合丘在住 20歳

1月31日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月24日号

矢野 淳一さん

阪神・淡路大震災でのボランティアをきっかけに地域防災に取り組む

矢野 淳一さん

高石在住 66歳

1月17日号

草壁 悟朗さん

川崎商工会議所の会頭に昨年11月就任した

草壁 悟朗さん

幸区在住 66歳

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ガイド案内で歴史散歩

麻生がもっと好きになる

ガイド案内で歴史散歩

3月11日~3月11日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク