麻生区版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

はるひ野町会が発足10年 緑豊かな町の発展支える

社会

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena
「市環境功労者表彰」受賞の様子
「市環境功労者表彰」受賞の様子

 はるひ野町内会がこのほど、発足10年を迎えた。

 同町会は2004年10月に91人で発足。黒川町内会より分離独立する形で黒川町会からの支援も受けながら、スタートした。同年12月には、小田急多摩線はるひ野駅も開業。2年後には住居表示が「黒川」から「はるひ野」となった。以後開発が進み、2014年6月27日時点での構成員数は1778と、区内でも5本の指に入る大規模な町内会へと発展した。

 同町会は環境部会、防犯部会、交通部会、広報部会、まちなみ協定部会の5つの部会と自主防災組織(今年4月に防災部会と従来の自主防災組織を統合再編)から成る。はるひ野の「自然環境と一体となった住環境を創出・維持すること」を目的とした「まちなみ協定」を遵守したまちづくりは、同町内会の重要な役割の1つといえる。

 2009年に同町会は、環境や緑地保全に関する一定の活動が評価の対象となる「川崎市環境功労者表彰」を受賞。年間を通じ、町をあげての大規模な美化活動の継続、地道な活動が評価された。現在でも、「まちなみに統一感があって整っていて、緑や自然が豊富。静かで住みやすい、子育てしやすい」という住民からの声が多い。

 また、万が一に備え、同町内会事務所前の自動販売機横に屋外型AEDの設置、防犯パトロール、防犯灯の管理、はるひ野駅南口ロータリー前のセンターポール撤去、横断防止柵の設置など、その活動は多岐に渡る。

 同町会は「緑を抱き、若さが躍動する町・はるひ野は、今後も安心・安全で、清潔で明るく、将来誰もが戻りたい町であり続けたい」としている。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

どんど焼き天高く

どんど焼き天高く 文化

黒川町内会で開催

1月15日号

手水も距離をとって

【Web限定記事】麻生区まちの一枚

手水も距離をとって 社会

高石神社 今年の流鏑馬は中止

1月15日号

集まれ もうすぐ1年生

【Web限定記事】

集まれ もうすぐ1年生 教育

2月スポーツセンターで親子で運動遊び

1月15日号

成人式、宣言下で敢行

川崎市

成人式、宣言下で敢行 社会

出席者は昨年比4割減

1月15日号

ソロ演技で全国準優勝

新百合丘一輪車クラブ

ソロ演技で全国準優勝 スポーツ

長沢小・下田さんと王禅寺中央小・日野さん

1月15日号

新百合ヶ丘総合病院で動画配信

【Web限定記事】聴いて役立つ健康知識

新百合ヶ丘総合病院で動画配信 教育

様々な分野で解説

1月15日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク