麻生区版 掲載号:2014年12月19日号 エリアトップへ

トランポリン国際ジャパンオープンに出場する川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーの 中田 大輔さん 高津区在住 40歳

掲載号:2014年12月19日号

  • LINE
  • hatena

跳び続ける「中年の星」

 ○…明日20日から始まるトランポリンの国際ジャパンオープンに最年長として出場を決め、「世界中の選手が川崎に集まる大会。中年の星として頑張るので応援してほしい」と意気込む。25年以上住むホームでの開催に思いはひとしお。ジャージの胸に入ったエンブレム『ガンバレ川崎』を手で掴み、「メジャーではないスポーツに川崎市がスポンサーになってくれている。期待に応えて活躍したい」と目を輝かせる。

 ○…石川県出身。指導者だった父親の影響で物心つくころにはトランポリンに没頭していた。日体大時代には国内の各大会で優勝し日本代表として国際大会に出場するなど輝かしい成績を残した。しかし、卒業後はマイナースポーツの厳しさも経験。「試合に出たいが資金が無い」。遠征費用捻出のため、昼は世田谷区役所で働き、夜間はガソリンスタンドでアルバイト、さらに仕事の間に練習を行うという過酷な生活を送り、過労で倒れることもあった。そんな状況もトランポリンがオリンピックの正式種目になったことで変わった。「このために生きていたんだ」とその時の喜びは今も忘れない。

 ○…トランポリンの魅力は「人をワクワクさせられること」。最高8メートルの高さまで跳び上がり、着地するまでの約2秒間に宙返りやひねりなどを織り交ぜアクロバティックな技を披露する。その魅力を伝えるため、ミュージカルや映画、テレビなどにも出演し活動の場を広げている。

 ○…04年から市のホームタウンスポーツ推進パートナーとして活動。市内の小学校等で体験授業を行ってきた。「挑戦する事の大切さや出来たときの達成感を体感してほしい」と話し、「嬉しい時って飛び上がるじゃないですか。みんな自然と笑顔になるんですよね」と微笑む。今後は、「川崎にスクールを開き、いつかトランポリンのまちと呼ばれるよう地域に根付かせたい」と次の夢を見据えている。

麻生区版の人物風土記最新6

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月24日号

矢野 淳一さん

阪神・淡路大震災でのボランティアをきっかけに地域防災に取り組む

矢野 淳一さん

高石在住 66歳

1月17日号

草壁 悟朗さん

川崎商工会議所の会頭に昨年11月就任した

草壁 悟朗さん

幸区在住 66歳

1月10日号

勢津 智佳さん

川崎青年会議所(JC)の理事長に就任した

勢津 智佳さん

幸区在住 39歳

1月1日号

田中 隆さん

レストランあさおで月1回提供する地元食材ランチのメニューを考案する

田中 隆さん

多摩区在住 69歳

12月13日号

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

12月9日開催の昭和音楽大学生による企画制作公演を立案した

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

王禅寺東在住 23歳

12月6日号

鈴木 武夫さん

12月8日に開催する合唱フェスタを主催する麻生区合唱連盟の会長を務める

鈴木 武夫さん

下麻生在住 73歳

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

懐かしの歌で健康に

懐かしの歌で健康に

リリオスで7回目の開催

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第165回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門後編 文:小島一也(遺稿)

    1月24日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第164回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門前編 文:小島一也(遺稿)

    1月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク